PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

H23事例1~写経

H23 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅰ (組織・人事)



A社は、資本金1億円、年間売上高役37億円の医療品メーカーである。主な取扱商品は、医家向けおよび一般家庭向けの医療品であるが、近年、化粧品や健康食品の事業にも参入している。従業員sh約230名のうち、非正規社員は20名程度である。

 A社は、中小企業には珍しく、創業家一族は社長でも、大株主でもない。現社長は、高校卒業後に数年間の工場勤務を経て、創業家のトップの下で営業担当者として本社や首都圏の支店で勤務した後、40歳代の初めに本社の営業部門の管理職に就いた。その後、A社は、業績面では少なからず浮き沈みがあったものの、現社長がトップに就任して以降、比較的順調に事業を拡大してきた。近年の国内の景気低迷の中にあっても、毎年一億円程度の増収を達成している。また、わが国とは法や規制の異なる欧州や米国、今後の成長が期待される中国など海外の市場開発にも積極的に取り組み始めている。

 A社は、創業以来、打ち身やねんざ治療の膏薬を主力商品としてきたが、その後、一般家庭向け医療品分野で商品ラインアップを充実させて事業規模を拡大してきた。A社が全国市場で、その名を知られるようになったのは、高度経済成長期に開発したガーゼ付の救急用絆創膏を発売して以降である。

 長年にわたって一族で事業を承継し拡大してきたが、1970年代初め、高度経済成長期が終焉する中で、工場設備の拡充や近代化、福利厚生施設の充実を進めただけでなく、それまで経験のなかった不動産事業や医療品以外の物販事業へも進出した。しかし、資金がショートし、本業にも影響を及ぼすようになった。A社は、取引銀行や原材料を購入していた仕入先に支援を求め、企業再建に取り組まなければならなくなった。そのため、金融機関から役員を迎えたこともある。

 経営の負担となっていた事業の整理統合に着手して、再建にめどが立ちはじめると、創業家一族の勢力が復活した。しかし、1980年代初め、競合企業がA社の主力市場に参入し差別化競争や価格競争が激化するようになると、再び経営不振に陥ってしまった。もはや金融機関からの支援を期待することはできず、複数の仕入先に経営権を譲渡することになって、創業家一族による支配体制は終わりを告げた。

 しかし、仕入れ先から送り込まれた役員や社長の下で、経営再建はほとんど進まず、景気の追い風の中にあっても現状を維持することが精一杯であった。さらに、バブル経済の崩壊によって状況が悪化すると、存続を確保するために既存事業の改革が急務となった。そこで、当時、常務取締役で営業の最前線にいた現社長が、全件を持って事業運営にあたることになった。

 医療品事業では、主力商品の絆創膏の製造で培ってきた技術を応用して、より付加価値の高い商品を一般家庭向け市場だけでなく、医家向け市場に供給していくことを目指した。医家向けの新製品を開発するためには、医療現場のニーズをとらえることが不可欠である。A社では製品開発のヒントを得るために、医療品販売会社の営業担当者に同行し現場の声の収集に積極的に取り組んだ。そうした地道で現場に密着した活動が、極薄型の絆創膏や使い捨ての消毒薬付き綿棒など、「安心・安全・安価」で治療効率を高める製品の開発につながっている。

 また、以前から救急用の絆創膏中心の医療薬品依存を懸念していた現社長は、事業多角化にも乗り出した。「健康・美」を求める中高年層をターゲットに、化粧品事業や健康食品事業に参入した。これら新規事業は、開発から販売まですべてを自己完結的に行うのではなく、地元の大学や研究機関、流通業者と提携して事業を展開している。たとえば、化粧品事業では、地元の大学と共同開発した結果、原材料のコストを大幅に下げることができた上に、成分の改善にも成功した。また、健康商品事業では、地元の生協と新商品の共同開発や共同販売を行なっている。

 このように、A社は本業の事業革新を進めるとともに、研究機関や流通業者と連携して、積極的に多角化を推進したことで、業績不振に苦しむ同業者多い中にあっても、一定の成長を確保しているのである。もっとも、経営環境が大きく変化する中で、足踏みが許されるわけではない。ややもすると、成功に安住し「ゆでガエル」になりやすい状況を回避し、チャレンジ精神を維持していくことが、現社長にとって大きな課題である。





第1問(配点40点)
 A社は、かつて一般家庭向け医療品を中心に事業展開してきた。しかし、近年の経営環境の変化の中で、医家向け医療品分野での事業強化に積極的に取り組んでいる。このことに関連して、以下の設問に答えよ。

(設問1)
 A社にとって、かつて主力製品であった一般過程向け医療品と、近年注力し始めている医家向け医療品では、営業活動に、どのような違いが求められるか。120字以内で説明せよ。

(設問2)
 近年、A社が医家向け市場に注力しているのはなぜか。その理由を、120字以内で説明せよ。

第2問(配点20点)
 厳しい競争を展開している医療品業界にあって、新商品や新規技術の開発は極めて重要である。しかし、そうした中で、A社では、自社開発した技術の特許をあえて出願しないこともある。その理由として考えられることを、100字以内で説明せよ。

第3問(配点20点)
 A社は、中小企業には珍しく、創業家一族による同族企業ではなく、仕入先や社員持株会などが主な出資者である。A社にとって、このような所有と経営の分離のプラス面とマイナス面の両面について、120字以内で述べよ。

第4問(配点20点)
 同業他社に比べ業績がよく待遇も大手企業と遜色のないA社は、3年以内に売上高40億円の達成を目標としている。それを実現するために、どういった組織管理上の施策を講じていくべきか。中小企業診断士としてアドバイスを求められた。120字以内で説明せよ。

| 診断士受験ネタ | 14時06分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【歴史・ことわざ編】2次試験に向けて、励ましの名言

『少年老い易く学成り難し
一寸の光陰軽んずべからず
未だ覚めず池塘春草(ちとうしゅんそう)の夢
階前の梧葉(ごよう)已(すで)に秋声』
 今、この時、勉強をできていることに感謝ですね。

彼を知り己を知れば百戦殆からず
 敵を知ることばかりに必死になって
 自分を知ることを忘れていませんか?

『為せば成る
為さねば成らぬ何事も
成らぬは人の為さぬなりけり』
 上杉鷹山

sousou.png

『至弱をもって至強にあたる』  『魏書』 荀
  意味は、色々と取りようがあるかと思いますが・・・
  自らを、至弱と設定することで、おごらず、相手をしっかり調べて
  そして天の時を見極め、地の利を活かして勝つのです。
  それが出来るのはあなたしかいないのです

  あなたの合格レベルは至弱かもしれない。
  だからのこそ、全力を尽くして、勝ちとらないといけない。
    「あなたならできるわ」


『人を知るもの智、自らを知る者は明』 老子

「人を知る者は智者のレベルに留まるもので、
  自分を知る者こそ明知の人である。」
 人を知るだけでも難しいですが、自分を知る事は遥かにむつかしいことです。

「智」は深い読みのできる能力です。
「明」は「智」よりもさらに深い洞察力があることをいいます。

 与件を知るは    「智」
 そのロジックを知るが「明」 か!?


『善く問いを持つ者は鐘を撞くが如し』   戴聖
 西郷隆盛を評した坂本竜馬の言葉でもありますね。
 大きな問いかけをした方が、
 得られる解答も大きくなります。

 戦略問題なのに、戦術の問いかけがなされていると
 問題を矮小化していませんか?


『士、別れて三日、即ち当(まさ)に刮目(かつもく)してあい待(たい)すべし』
        『呉書』 呂蒙伝注
 すぐれた人物たるもの、三日会わなければ、
 よくよく目をこすって相手を見なければなりません」
 すぐれた人物というものは日々進歩してとどまらないので、
 昔の先入観で見てはいけないということ。

 残り数日でも、進歩できるということ!



『年五十にして、四十九の非を知る』  淮南子

 五十歳になってみて、それまでの四十九年間の人生の過ちの多さを知るとい
 うことだが、五十になっても、進化を止めず、日々BESTを尽くしていくということ。

 たくさん受けた模試の悪さを嘆いても仕方なく、本番でBESTを出せばいい。


『知者はこれに過ぎ、愚者は及ばず』 中庸
 世間で言う知者とは、出過ぎ者のことで、やらなくてもよいことをやり、
 考えなくてもよいことを考える。
 愚者はこれに反してすべて足りない

 知者:模試の上位の人は合格しない。(かもしれない)
 愚者:模試の下位の人は合格しない。(かもしれない)

 中庸で中くらいでいいじゃないか。そのくらいの人の方が合格しやすい。



『人を相手とせず、天を相手とせよ。
 天を相手として己を尽くし、人をとがめず、
 わが誠の足らざるを尋ぬべし。 』
  西郷隆盛
 やはり、最後は自分自身と向き合って、戦うしか無いわけです。




皆様の合格を祈念しております。

Please 1Click/1day!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村:中小企業診断士

| 診断士受験ネタ | 08時34分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1次試験は男子が強く、2次試験は女子が強い

平成23年1次試験の結果が中小企業診断士協会から発表されましたね。
http://www.j-smeca.jp/attach/test/H23/h23_1ji_toukei.pdf
 受験者数の合格率は16.4%

診断協会の発表する統計情報を確認すると、
やはり、合格率は、経済、財務、中小は厳しかったですね。
1ji.png

情報は36%
ちょっと、来年の難易度がどうなるのか心配ですね。


男女を分けたデータを発表することに意義があるのかは微妙だと思いますが、
1次試験は男子の方が合格率が高い傾向は続いています。
danjyo.png
 ※全体が16.4%なのに男女とも、16.4%より低いのは、
  このデータが受験者数ではなく、申し込み者数~計算されているためです。

なお、逆に、2次試験は女子の方が強い傾向も続いています。(H22のデータです)
h22danjyo.png
1次を突破した女子の皆様が有利ですね!

年齢のデータはそんなに参考にはなりませんが、
やはり、働き盛り3-40代が強いですね
nennrei.png

いずれにせよ、合格された皆様おめでとうございます!

| 診断士受験ネタ | 10時33分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1次試験経営情報のヤマアテ結果の検証

検証というか言い訳だったり。
8月の1週目にやったヤマアテ講義の一人振り返りと反省です。

yamaate2.jpg


左側が、ヤマアテ講義でやった内容        右側が結果です。
yamaate.png

yamaate2.png

なかなか、パチンとはあたらないものです。。。

模試とかその他で作問したのは、余り含まないように選んだということもあります。

また、キーワードがHITしても解けたかというのは、別問題だったりしますしね。


個人的に惜しいなと思ったのは、
BABOKとWAF

BABOKはもちろん出題されなかったけど、
第13問や17問のように、上流工程の役割分担や進め方が問われている。
やはり診断士としては、システム開発そのものより、
こういった超上流工程に参画することがあるだろうから、
よりこの範囲の出題傾向が強まっていると思う。

また、WAF自体は出題されなかったけど、
クロスサイトスクリプティングを防ぐにはWAFですよ!という
言い方をしたので、遠からずか(^^;




ちなみに、第24問の区間推定の問題は、
私の、統計学の裏技講義でばっちりとりあげてました。
経営情報システムの『統計学』が2時間でわかる講座
 「じゃーヤマアテ講義でも言えよー」 
 「はい、すみませんでした m(_ _)m」

| 診断士受験ネタ | 11時21分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

中小企業診断士の資格の魅力と活かし方


「中小企業診断士の資格の魅力と活かし方」
   村上 知也 LEC専任講師

資格をとると何が変わるのか?何が出来るのか?中小企業診断士活動の日常を紹介します!
 企業内診断士としての2年間と
 独立診断士としての1年間を紹介します。

http://www.lec-jp.com/shindanshi/guidance/

8/14(日)14:00~ LEC渋谷本校
http://www.lec-jp.com/school/shibuyaekimae/



まあでも、今はタイミング的にコッチですかね。
2次受験生向け。

 直接2次対策法を伝授!2次実践対策 8/14 14時から 高田馬場校
http://www.lec-jp.com/shindanshi/juken/event_1ji_after.html#b1

| 診断士受験ネタ | 08時46分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。