PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

象の消滅(110)

2009年110冊目

「象の消滅」 短篇選集 1980-1991 村上 春樹

 (春樹作品は点数づけなしということで)

基本的に、全作品を読んでいるつもりだったのですが、
2つほど、初読の作品がありました。(多分)
 タイトル作品の”象の消滅”読んだかなあ・・・
  どの短編集を読み落としているのか調査が必要ですな。

しかしまあ、17作品もあり、再読でも楽しめることは間違いなし。
 どれが好きかというのは、ほんと割れそう・・・・

学校教科書の副読本になっている”沈黙”の、重さが結構好きだったり、
 メジャーな(?)ところで、”パン屋再襲撃”
  最終話に持ってきている、”象の消滅”の消失感もまた、味があります。

 多分、読んでいるときの、自分の心境にも左右されて、
  お気に入りっていうのは変わっていくのだと思います。

といいつつ、今の心境なのかどうかよくわかりませんが、
 ”四月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて”
   の長文タイトルは、相変わらずステキですね。

 十月の澄んだ空のもとに、100%の女の子に出会ってもいいですけどね。


 そして、ジャケットがまたステキ・・・ ジャケ買いもありです。


ただ、ハルキ短編集は、個人的には、過去の名作長編を読んでから
 読んでもらいたいとも思ったりします。



--Amazonより
ニューヨークが選んだ村上春樹の短篇集、2005年3月31日、日本上陸!

1993年Knopf 社で編集、出版された短篇選集『The Elephant Vanishes』は英語圏で好評を博し、ロング・セラーとなっている。その日本語版がついに刊行! 英語版から著者みずから翻訳を試みた、新バージョンの「レーダーホーゼン」など初期短篇17作品。更にNew Yorkerデビュー当時を振り返る書下ろしエッセイも収録した話題作。

ニューヨーカーに選ばれ、世界で読まれ、日本に再上陸した初期短篇の数々。アメリカデビュー当時を語るエッセイなど話題満載の短篇集。

「村上春樹はまずなにを読めばいい?」「短篇をいくつか読みたい。」そんなあなたへ贈る、ニューヨーカーが選んだ村上春樹の初期短篇集。



ぜひ、クリックお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

| 村上春樹 | 09時30分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1Q84の第3巻

村上春樹さん 小説「1Q84」の第3部執筆中 来夏出版
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090917-00000004-maip-soci 
 1Q84.jpg 1984.jpg1Q84-2



1Q84のロンドン3書評

http://london3.blog81.fc2.com/blog-entry-905.html


以前から話題になっていた、1Q84に第3部があるのか!?
 私としては、ない と睨んでいたのに・・・
  あれはあれで、一つのEndingだったと思うのだが。
   だって、青豆さんが・・・ 

  青豆さんどうするのだろう? また登場する? 
   時間が戻るのか?
    生きていたのか? それはないよね。
     ねじれてた、ただの夢だったのか?

 当初は 1985年 ってタイトルにする予定だってことは
  やはり、完全なる続編なのか?

やっぱ、第3部あった方がいいですね。
 待ちきれん。。。
  また、それまでに2-3回は読み直したいところです。
   ワクワク!!!

今のところ、むしろ、一九八四年の方が衝撃的だったので、
 しっかり、第3部では、衝撃を残してほしいですね。

クリックよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

| 村上春樹 | 08時12分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1Q84

1Q84 村上春樹

 ゆっくり丹念に1週間かけて、楽しみました。


ファンタジー要素がありながらも、
なんだか現代的な雰囲気になってきたのかなあ。

ようやく、村上さんの世界は70年代から80年代へ遷移したのかも。

1984 と 1Q84
天吾 と 青豆

 パラレルストーリーでもなく、まじりあって最後に一つになるものでもなく、変わったり失われしまったものはもはや元に戻らない。

しっかり、最後にもやもや感を残してくれましたが、
最近の小説の中では読みやすい方だと思いますね。

ちょっと間を空けて、再読したいと思います。

続編もありとのうわさですが、
私としては、これはこれで完結でいいのではないかなと思います。

春樹作品の中では、5-6番目に位置付けることにしました。
 1.世界の終りとハードボイルドワンダーランド
 2.羊をめぐる冒険
 3.ノルウェイの森
 4.ダンスダンスダンス
    の、後あたりか。 スプートニクの恋人と同じくらい

最近は伊坂幸太郎の作品をたくさん読んだせいで、
伊坂さんっぽいと思ってしまうところが、本末転倒ですね。

≫ 続きを読む

| 村上春樹 | 16時18分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

祝80

80冊目! 実家に帰宅していたこともあり、ついつい昔読んだ本を手に取ってしまいました。
 国境の南、太陽の西  村上 春樹
  
 wikiより
終盤で主人公がディズニー映画『砂漠は生きている』について説明するくだりがある。この説明を読めば『ノルウェイの森』(あるいは『蛍』)で語られた「死は生の対極としてではなくその一部として存在する」という言葉の意味がより一層理解できると思われる。

 らしいのですが、久々に読んでも、まだ理解できなかった。

ということで 2007年80冊目!
 今年の目標の100冊が見えてきました。  


試験まで1ヶ月間、読書感想文は 控えます。

| 村上春樹 | 08時16分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グレート・ギャツビー

というわけで 本年50冊目は スコット フィッツジェラルドの村上春樹訳 グレート・ギャツビー に決定しました。

実は 大晦日から 新年にかけて 読んだ、本年最初の1冊です。

感想をかいてなかったのは、書けないから。

正直言って、感じ取れなかった。のだと思う。
難しいわけではないけど、じっくり 味わって 反復しながら よさを確認していく小説なのだと。

Amazonとかの書評をみてると、絶賛する人、酷評する人にわかれてますしね。

ノルウェイの森、は 今まで 7-8回は読んだと思うので、その中で登場するギャッツビーが本当に偉大でステキな人だと、自分の中で事前期待をつくりあげていたのも、うまく感じ取れなかった要因ですね。


点数は つけません。

もう一度機会を見て読み直し、味わって、消化できたら。。。

| 村上春樹 | 02時22分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。