PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

10月の本をまとめよう

例によって、「読書メーター」の機能を使って、10月読んだ本をまとめました。
 18冊! 結構頑張ったな。
  『鷺と雪』  『凍りのくじら』
   この2冊は本と素晴らしかったのでぜひ読んでもらいたいところ。
   ※鷺と雪は三部作なので、できれば前作から・・


10月の読書メーター
読んだ本の数:18冊
読んだページ数:5544ページ

ドミノ (角川文庫)ドミノ (角川文庫)
ドミノ倒しのように色名パズルがくみあわさってということだったが、色々ありすぎで、かえっていらいらした。 残念
読了日:10月31日 著者:恩田 陸
うかる!社労士入門ゼミ〈2010年度版〉 (うかる!社労士シリーズ)うかる!社労士入門ゼミ〈2010年度版〉 (うかる!社労士シリーズ)
とりあえずの ちょ~入門書おわる。。 さて・・
読了日:10月30日 著者:富田 朗
puzzle (祥伝社文庫)puzzle (祥伝社文庫)
薄! 1時間ほどで読み終わる。 内容も深みがありそうで、薄い・・ 
読了日:10月27日 著者:恩田 陸
ぼくのメジャースプーン (講談社ノベルス)ぼくのメジャースプーン (講談社ノベルス)
ちょっと 説明説明しすぎている気がして、読むのが苦しかった。
読了日:10月26日 著者:辻村 深月
木曜組曲 (徳間文庫)木曜組曲 (徳間文庫)
女5人の心理戦 嫌いじゃないっす 誰が犯人? 誰が嘘をついてる? 恩田ワールド全開ですな。確かに映画映えしそう 今度見てみるか
読了日:10月26日 著者:恩田 陸
図書館戦争図書館戦争
本好きの私にはゆゆしきテーマの焚書坑儒 設定はおもしろいんだけどなあ。ちょっと無茶なテーマだからこそ、もっと、真剣に描いてもよかったのかと思います
読了日:10月24日 著者:有川 浩
レバレッジ・リーディングレバレッジ・リーディング
レバレッジだけに、1時間で読んでみた
読了日:10月21日 著者:本田 直之
ITストラテジスト試験午前精選予想500題試験問題集〈平成21年度版新試験制度完全準拠〉ITストラテジスト試験午前精選予想500題試験問題集〈平成21年度版新試験制度完全準拠〉
読了日:10月21日 著者:
独立開業マニュアル―これだけは知っといてや (岩波アクティブ新書)独立開業マニュアル―これだけは知っといてや (岩波アクティブ新書)
全編おおさかべんにしなくても。。。
読了日:10月21日 著者:
凍りのくじら (講談社文庫 つ 28-5)凍りのくじら (講談社文庫 つ 28-5)
深月さんの得意のジャンルじゃないなあと思い読み進める。しかし涙ぼろぼろ・・・ さらに最後はやっぱり深月さんだった。たまらない。ドラえもんの小道具で進む展開。そして写真家の父の情景が見えるかのような写真。さらに母親の撮った写真・・全部涙でにじんでよく見えなかった
読了日:10月20日 著者:辻村 深月
Gボーイズ冬戦争―池袋ウエストゲートパーク〈7〉 (文春文庫)Gボーイズ冬戦争―池袋ウエストゲートパーク〈7〉 (文春文庫)
もう、連載終えた方がいいね。作を重ねるごとに劣化が激しい。。。登場人物の輝きがどんどんなくなっていく。肉屋がなつかしい・・・
読了日:10月16日 著者:石田 衣良
月の扉 (光文社文庫)月の扉 (光文社文庫)
ああ、一回読んで、ブックオフ送りにした本を間違えてまた買っちゃった。。 やっぱり読み終わってもいまいちか・・ 設定はいいのになあ、動機とかストーリー展開が・・
読了日:10月16日 著者:石持 浅海
情報処理技術者試験ITストラテジスト完全教本〈2009年版〉情報処理技術者試験ITストラテジスト完全教本〈2009年版〉
ああ、やっと1順目が終わった・・・ 難しい・・・
読了日:10月15日 著者:金子 則彦
らくらく個人事業開業のすべてがわかる本―記入例付だから1人でできる!らくらく個人事業開業のすべてがわかる本―記入例付だから1人でできる!
あんまりわからんかった・・・
読了日:10月08日 著者:東京シティ税理士事務所
鷺と雪鷺と雪
ハイカラさんが通るを想い出してしまう。青春の元気一杯のはいからさん。そこに日露戦争(?)の暗い影が忍び寄る。この作品はもっと間接的であった。元気な英子と謎のベッキーさん。いまいち謎がすっきりしないが、この本の本質はそういうことではなかったのだと思う。なぞは明らかになったわけではないが、時代は明らかになった。そう昭和11年。雪の降る日。最後はふるえました。直木賞らしい素晴らしい本です。雪の中に飛ぶ鷺は未来への希望だったのだろうか、それとも数年後に向けての絶望のあらわれだったのか
読了日:10月07日 著者:北村 薫
玻璃の天 (文春文庫)玻璃の天 (文春文庫)
するっと読み抜けてしまったけど、後書きをよんで、あわてて読み返す・・ 深い・・ これは第三部作 直木賞受賞作品 鷺と雪が 楽しみでならない。。。 文庫になる前に買うか・・
読了日:10月04日 著者:北村 薫
卒業 (講談社文庫)卒業 (講談社文庫)
加賀刑事の大学時代・・・ ちょっと 青いね。
読了日:10月02日 著者:東野 圭吾
夜と霧 新版夜と霧 新版
重、暗・・ 人間の尊厳とか・・・  明けない夜もないし、はれない霧もないか・・
読了日:10月01日 著者:ヴィクトール・E・フランクル

読書メーター



ぜひ、クリックお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村:中小企業診断士
スポンサーサイト

| 読書日記 | 09時30分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://london3.blog81.fc2.com/tb.php/997-fd5ee6b1

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。