PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

励ましの名言~歴史編

昨日のマンガ編に引き続き、歴史編の励ましの言葉。



『至弱をもって至強にあたる』
  『魏書』 荀
  意味は、色々と取りようがあるかと思いますが・・・
  自らを、至弱と設定することで、おごらず、相手をしっかり調べて
  そして天の時を見極め、地の利を活かして勝つのです。
  それが出来るのはあなたしかいないのです

  あなたの合格レベルは至弱かもしれない。
  だからのこそ、全力を尽くして、勝ちとらないといけない。
    「あなたならできるわ」


『士、別れて三日、即ち当(まさ)に刮目(かつもく)してあい待(たい)すべし』
  『呉書』 呂蒙伝注
 すぐれた人物たるもの、三日会わなければ、
 よくよく目をこすって相手を見なければなりません」
 すぐれた人物というものは日々進歩してとどまらないので、
 昔の先入観で見てはいけないということ。

 残り数日でも、進歩できるということ!



『年五十にして、四十九の非を知る』  淮南子

 五十歳になってみて、それまでの四十九年間の人生の過ちの多さを知るとい
 うことだが、五十になっても、進化を止めず、日々BESTを尽くしていくということ。

 たくさん受けた模試の悪さを嘆いても仕方なく、本番でBESTを出せばいい。


『知者はこれに過ぎ、愚者は及ばず』  中庸
 世間で言う知者とは、出過ぎ者のことで、やらなくてもよいことをやり、
 考えなくてもよいことを考える。
 愚者はこれに反してすべて足りない

 知者:模試の上位の人は合格しない。(かもしれない)
 愚者:模試の下位の人は合格しない。(かもしれない)

 中庸で中くらいでいいじゃないか。そのくらいの人の方が合格しやすい。



『人を相手とせず、天を相手とせよ。
 天を相手として己を尽くし、人をとがめず、わが誠の足らざるを尋ぬべし。 』

  西郷隆盛

『この道より我を生かす道なし。この道を歩く。』
  武者小路実篤



 うーん、なかなか、歴史編は探すのが難しい。。

ぜひ、クリックお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村:中小企業診断士
スポンサーサイト

| 診断士受験ネタ | 09時30分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://london3.blog81.fc2.com/tb.php/967-646bfb73

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。