PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エンドゲーム

2009年55冊目

エンド・ゲーム―常野物語 恩田 陸 2.5点

 単体で読めば、ここまで評価は低くなかったかもしれない。
 三部作の三部目・・ やはり難しい。


光の帝国―常野物語
蒲公英草紙―常野物語
エンド・ゲーム―常野物語


 この本は、著者の後書きにすべてあらわれていると思う。
  作者も3作目の難しさを自戒している


 おとぎばなしの世界から現代につながる、恐ろしいのだけど温かみのある
 ファンタジー。
 大昔からの不思議な力を継承する常野一族。
 迫害や、世界の救済やら、色んなシーンで、様々な一族が、
 自分の持つ力に苦しみ、悩み、それでもさだめとうけとって
  力強く生きている。

1作目の「光の帝国」は素晴らしかった。
張り裂けるようなつらさと、すっと涙が出る温かみを連なる短編の中で、
見事に表現していた。

2作目の「蒲公英草紙」も、ほんわかと、どきっとさせてくれる、なかなかの作品だった。

そして、3作目「エンド・ゲーム」
 まさに、残念な感じです。
  前作の謎の解き明かしというか、一つのテーマについてはなんとか無理やり決着をつけた感じ。かなりハチャメチャでよくエンディングをまとめたなあ。
 ほんと、デッド・エンドです。世界が壊れてしまった。

ただ、期待していいのか、しないほうがいいのか、4作目以降もでるとのこと。
 何といっても、短編集の強みで、色んな魅力的なキャラクターが残っている。
  彼らにも何らかの決着をつけさせるのだろうか。
   読みたいような読みたくないような・・




--Amazonより
不思議な力を持つ一族を描くシリーズ、第3弾!
「裏返す」さもなくば「裏返される」。特殊な力を持つ「常野一族」として「あれ」と呼ばれる存在と戦ってきた拝島時子。母が倒れ、初めて一族に連絡を取った時子が知る驚愕の事実とは。スリリングなSF長編。

スポンサーサイト

| 恩田陸 | 19時35分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://london3.blog81.fc2.com/tb.php/911-93568e83

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。