PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

モモ

まじで、ないです。時間
 困った・・・
  8月中のタスクの作業見積もりをしたら、どう見てもはみ出している。大幅に。
   休日+夜の時間では足りないらしい。さて・・・


ということで、
モモ  ミヒャエル・エンデ (著)  大島 かおり (翻訳)
 2009年88冊目 末広がり。

「10年後のあなたの本棚に残るビジネス書100」で、名だたるビジネス書に並び
神田昌典さんの推薦。「資本主義の暴走に対する警鐘の書」らしい。

確か、小学生の頃読んだ気がする。読書感想文指定図書かなんかで。
 あんまり思い出には残っていなかった。

改めて読むと、ファンタジーとしての感動と今の自分の現状を客観視できるような、さらに悩みが深くなるような・・・

効率を求めるあまり、仕事に傾斜して、バランスを崩してはいけない。のか!?



なぜなら時間とは、生きるこということ、そのものだからです。

人間が時間を節約すればするほど、生活はやせ細っていくのです。


やせ細っている気もするし、太くなっているところもある気がする。
 
読むことで、悩みも増えるような、それでいて、ほっとさせてくれるし、暖かくもなる。
 いい本であることは間違いない。
  おとなが読むべきファンタジー。

スポンサーサイト

| 特に感動した本 | 16時56分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://london3.blog81.fc2.com/tb.php/910-fd21d0f9

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。