PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラッシュライフ

2009年44冊目

ラッシュライフ 伊坂 幸太郎 4.0点

すっかり、伊坂幸太郎の読み返し月間になっている気もしますが、
ラッシュライフも3回目くらいのチャレンジ。

ややこしい話だけに、やはり何回か読むことで、明らかに
自身の感受性が高まっている。

見えなさそうで見えるつながり。
みんなどこかでつながっている。
世界はきっとそうに違いない。

ほとんどの登場人物の未来は暗い。
でも、みんなが、何らかの"光"を見つける

自分にとって、今一番大事なもの、喪いたくないモノはなんだろう。
 



2~3年前のはじめて読んだ時の感想文
いくつかの物語が時間も場所も交錯させながら、最後につながるってのは、よくあるけど、これはすごい。10人くらいの登場人物のストーリーをすべて絡めながら、さわやかに完結する。
まあ、ちょっと技巧に、こりすぎだが。。

色んなキャラクターはみんな、濃厚であり、悩みも深く、出口もないようだが、
実はみんなあまり悩んでないのではという、あっけなさもある。

泥棒/自殺/名探偵/神?/サッカー選手/新人画家/拳銃/老犬・・・

主人公は老犬かも。




泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。父に自殺された青年は神に憧れる。女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。幕間には歩くバラバラ死体登場―。並走する四つの物語、交錯する十以上の人生、その果てに待つ意外な未来。不思議な人物、機知に富む会話、先の読めない展開。巧緻な騙し絵のごとき現代の寓話の幕が、今あがる
スポンサーサイト

| 伊坂幸太郎 | 16時21分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://london3.blog81.fc2.com/tb.php/908-39b3f9ff

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。