PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

野沢尚『リミット』

2005年8月10日読破 ★★★☆ (3.5点/5点満点)

これで野沢作品は4つ目?ですが、
相変わらず息もつかせず展開で
一気に読み終わります

臓器移植のドナーのために幼児誘拐という
ありがちなストーリーですが。。
さらに、あいかわらず無理やり感のある
設定もたくさんありますが。。

それでも
最初に登場した、すごく一般的そうな人たちが
犯人として壊れていくさま、、、
壊れても壊れても、さらに深みを
もとめていく、、、
理由はわからないようなわかるような。。

また主人公側の婦警も、組織を裏切って
一人で 戦うという無茶なストーリーですが。。

まあ ともかく
ストーリー設定には無理が多いですが、
犯人/主人公ともに共感でき
思い入れをもてる作品でした。

最後のどんでん返しは
予測不可です。。
 そんな、ここでも無理やり。。

スポンサーサイト

| 未分類 | 11時58分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://london3.blog81.fc2.com/tb.php/830-3a884d64

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。