PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

横山秀夫『第三の時効』4.5点/5点満点


※昔読んだ本も地道に感想文貯めていこうかと思います。もちろん、いいのだけ。

横山秀夫『第三の時効』4.5点/5点満点

横山秀夫最高傑作との帯がついてますがその可能性があります。

半落ちとかクライマーズハイとかは、妙に情があって、そんなに入り込めなかったけど、
やっぱり、警察の内部物が一番素敵だと思います。

6話の短編集ですが、短編と思えないほど引き込まれます。
そして、やはりタイトルの「第三の時効」
なんなの?第三って?海外に行ってる間の時効が止まってる話なのか?
 そんな単純な話ではなかった。。 全く気づかなかった。。
確かに破壊力ありました。

『動機』をこえたかも。


---アマゾンのあらすじ--------
殺人事件の時効成立目前。現場の刑事にも知らされず、巧妙に仕組まれていた「第三の時効」とはいったい何か!?刑事たちの生々しい葛藤と、逮捕への執念を鋭くえぐる表題作ほか、全六篇の連作短篇集。本格ミステリにして警察小説の最高峰との呼び声も高い本作を貫くのは、硬質なエレガンス。圧倒的な破壊力で、あぶり出されるのは、男たちの矜持だ―。大人気、F県警強行犯シリーズ第一弾。



 私のおすすめ:
なによ!第三って!?

スポンサーサイト

| 特に感動した本 | 08時31分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://london3.blog81.fc2.com/tb.php/662-64dc8362

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。