PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『あなたに不利な証拠として』ローリー・リン ドラモンド


『あなたに不利な証拠として』ローリー・リン ドラモンド 3.5点/5点満点

5人の女性警官の日常。
そう、日常なのだろう、残虐なシーンに出くわしたり、襲われたり、撃っちゃったり、精霊を感じたり。。

5人の女性ごとに2-3篇の短編があるというちょっと変わった形式
リズの編の「告白」なんて4ページしかない。
 でもね、4ページで、ドキッとさせられる。

ひどい日常を淡々と記載するので、盛り上がりには欠けるかもしれないが、随所で心震わすとこがありました。

ちょっと、人の名前が多くて混乱気味だったけど。。


---
警官を志望する若きキャシーは、レイプ被害者のマージョリーと出会う。だが捜査を担当したロビロ刑事は、事件を彼女の自作自演と断じる-。男性社会の警察機構で生きる女性たちを描く10篇を収録した短篇集。



 私のおすすめ:
微妙な震撼

スポンサーサイト

| 読書日記 | 08時18分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://london3.blog81.fc2.com/tb.php/654-f72e1444

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。