PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

H16本試験復習

にっくき H16事例! 2年ぶりにやってみた。。

2年前の復元答案をUpするけど、どう見ても、2年前の本番の方がよくできていた気がする。。
しょんぼり。。

でも事例?では 問5の今後の方向性がいまいちレイヤがずれいているため
点数が低かったかな。事例?以降も、だいたいできているが、Key問題でミスってる。

Key問題は、やはりぼかして書く作戦でいかねば。。

後は事例?の財務は数字は半分弱だったけど数字で6割とれていればかな。。

-------------------
H16 事例? 2年前の復元答案

問1
大企業のコンピュータの積極導入で、フォーム印刷の需要が高まり、多色刷・効率化提案で、業績を拡大させたが、情報通信技術の進展と普及により、大手の体制・設備強化での低価格攻勢で、乗遅れたA社は業績悪化した。

問2
・主要顧客の景況の影響を直接受け、リスク分散できないことである。
・徐々に価格支配力を失い、低価格提供になってしまうことである。
・主要顧客頼りとなり、新規顧客の開拓力が弱体化することである。


問3
A社の業績不振の組織的要因としては、?新規製品開発を実施する体制を確立しなかったことで情報通信技術の進展と普及に乗り遅れ、?新規顧客開拓の営業体制が不明確なことで、新規顧客を獲得できてないことである。


問4
平均年齢が高く売上低下の中、年功給支給等で人件費負担の増大が類推され、成果主義の一部導入で営業は売上と利益で評価、工場は効率化提案等で評価し、総額人件費抑制を図る。パートの活用で変動費比率の向上を図る。

問5
(設問1)
フォーム事業を、?顧客の分散化を行い、?印刷連携を行い、業務効率化提案での成功事例を活用して、顧客の囲い込みを図り、?大手の大量印刷に対して、少量短納期を実現して、収益性の向上を図っていくべきである。

(設問2)
販売シナジの活用に留意し、既存取引先の活用を検討する。また、生産・投資シナジの活用に留意し、既存設備・既存技術の一部流用が可能か検討する。業績の厳しいA社は、特に新規投資内容については十分に留意する。

スポンサーサイト

| 診断士受験ネタ | 23時38分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://london3.blog81.fc2.com/tb.php/621-15d9aa67

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。