PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

価値前提? 勝ち組の人材マネジメント

勝ち組の人材マネジメント
―スターバックス急成長を支える自律型組織に学ぶ
毛利 英昭

読書三昧はあいかわらずだけど、その1割くらいはビジネス書に当てようとおもいつつ、なかなか、読み進められない。随分、ビジネス書がたまって来た気がする。
買うだけ買っちゃうんだよなあ。

ということで、なんとか読みきりました。

スタバ万歳本!

自宅の近くにもあるので、スターバックスにはよく、休日の勉強で長居をさせていただきました。おかげで、色々デザート類も味わいました。
コーヒーも好きなので、色々楽しめるのですが、、、
何より、ファーストフード系の店の中では圧倒的に接客がいいですよね。
何より、礼儀正しいだけでなく、店員の楽しそうに働くところが一番違う!

この本はなぜ、スタバの店員が楽しそうに働いているのか? ということを読み解いてます。

すたばの業務の8割はマニュアルがないらしい。マクドは何割マニュアルがあるのでしょうね。その8割を従業員が自律的、提供していくことで、従業員はthinkし、従業員は助け合うことで、やる気が向上するのです!


●一つ目の柱は!?
根本の経営理念は、「価値前提」であるということ!
決して「事実前提」ではないのです。
企業はすぐ、「事実前提」の"目標"、例えば売上や利益といった数値を重視し、本来の"目的"、つまり「価値前提」を忘れてしまいます。

スタバの目的は、"世界最高級のコーヒーを提供すること"これを徹底してます。

●二つ目の柱は!?
目的を達成するために、6つのサブミッションを課していますが、その先頭の二つは
?お互いに尊敬と威厳を持って接し、働きやすい環境をつくる
?運営上での不可欠な要素として多様性を積極的に受け入れる
 であり、何よりも”ヒト”特に従業員を重視していることがわかります。
   ?~?は省略(スタバHPにのってます)

スタバは圧倒的に離職率が低い!アルバイトも正社員も平均の1/10です。

 また、スタバのブランドとは、 ”ヒト” ”空間” ”コーヒー”から形成されてます。どうしてもブランドというと製品の自体の印象を持ってしまい、コーヒー自体に集中しちゃいますが、スタバにとっては、"ヒト"もブランドの一部なのです。


ヒトに徹底してこだわり、強力な人材マネジメントを元に、スタバは成り立っているのですね。。


でも、そんなに利益率高いわけでもないし、一時期ほどの勢いは失っているのかなあ。


【目次】
?価値観に共感しベクトルをあわせる
? - 1 ミッションに基づく経営
? - 2 ブランドを支えるアイデンティティとイデオロギー
? - 3 理念に共感しベクトルをあわせる

?コミットメントを高めるシステムを作る
?-1 人は経営資源
?-2 人材を育てる教育システム
?-3 人材育成を支える技術

?透明性と納得性の高い制度を作る
?-1 スターバックス流人事制度の考え方
?-2 評価制度と報酬制度
?-3 結束力の強い組織はこう作る
 

スポンサーサイト

| ビジネス書日記 | 07時49分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://london3.blog81.fc2.com/tb.php/584-d98c6de9

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。