PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

坂木司『青空の卵』3点/5点満点 (2007年5冊目)

著者が著者名のまま主人公の僕で登場することから異色な感じです。
しかしデビュー作だからか、やはり、表現も甘いし、ちょっと、前半は読むのがつらかったりする。
僕と引きこもり名探偵鳥井の微妙な男同士の関係も理解しづらいし。

サスペンスというより、人間関係のハートウォームを求めることはできる作品。
ちょっとみんな涙腺弱いし、簡単に行き過ぎる嫌いがあって、わざとらしいかな。

今後の成長はもしかしたら期待できる著者かも。


--Amazonより
僕、坂木司には一風変わった友人がいる。自称ひきこもりの鳥井真一だ。複雑な生い立ちから心を閉ざしがちな彼を外の世界に連れ出そうと、僕は日夜頑張っている。料理が趣味の鳥井の食卓で、僕は身近に起こった様々な謎を問いかける。鋭い観察眼を持つ鳥井は、どんな真実を描き出すのか。謎を解き、人と出会うことによってもたらされる二人の成長を描いた感動の著者デビュー作。

スポンサーサイト

| 読書日記 | 01時15分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://london3.blog81.fc2.com/tb.php/540-6de88c30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。