PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

歌野晶午『世界の終わり、あるいは始まり』3.5点/5点満点

なんだ、この本は。。。

推理小説かと思いきや、そうでもない。
悪夢の連続?主人公の妄想?

新しい試みではある。

終わってみれば
「世界の終わり、あるいは始まり」というタイトルはそのとおりだな。

この後どうなるのだ???

もどかしい。

しかし、個別の短編集という見方もでき、
意外と各話でどきどきできた。

近所でおきた、誘拐殺人の連続事件。
自分の子供がかかわっているという疑惑を抱いた父親の妄想的行動というか夢想をつづる。。

スポンサーサイト

| 読書日記 | 22時42分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://london3.blog81.fc2.com/tb.php/528-55e77189

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。