PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

辻仁成『冷静と情熱のあいだ―Blu』3.5点/5点満点(2007年16冊目)

なぜか今頃、読んでみた。

江國香織との共著で、男の立場、オンナの立場で、書いた話題作。だったね。

江國さんの、冷静と情熱のあいだ―Rosso は数年前に読んで、どうも納得がいかんかった。
あまりにも思い出が美しすぎる一方、相手の男性の行動が、あまりにも記載されておらず、出来すぎた物語だったから。
辻仁成さんの本は、今まであまりいい印象もなかったので、あえて読んでなかった。

数年前にこの本は購入してたけどね。

家にたまたま読む本がなくて、読んでみました。

江國Rossoの方の記憶が薄れてきてましたが、ようやく、二つでひとつの本なのだということがわかりました。

お互いの行動が把握できたことで、お互いが思いつめていた気持ちの背景がなっとくいき、すっきりです。

まあでもお互い美しすぎるというか、きれいすぎるのは否めないけどね。

スポンサーサイト

| 読書日記 | 08時29分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://london3.blog81.fc2.com/tb.php/523-54bb1430

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。