PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

A&R戦略(2007年18冊目)

『A&R優秀人材の囲い込み戦略 』ウィリアム・マーサー社

アトラクション&リテンション すなわち「人材の引き寄せ・引き留め」戦略の本。


・リストラすると優秀人材からやめる
・新規ビジネス時に必要人材が集まらない
  等をいかに解決していくか?


(1)ターゲット人材の定義
 辞めていく優秀な人材とは誰なのか?誰が優秀なのか?どうなったら優秀なのか?
 定義ができてないと、引き留めようがない。社員全員を引き留めることになってしまう。
 ということで最初はまず、対象となる人材をポートフォリオで定義!

(2)問題の定量化
 やめたら何が問題なのか?
 優秀人材がやめることで、実際いくら損失してるのか?
 機会損失費/社内でのフォロー費/新規採用費・・
 これを定量化し、A&R施策にかける費用を考える。

(3)原因分析

(4)A&R施策の立案・実施
 ファイザーではバイアグラを配布してるらしい。。(マーサーのネタだな、こりゃ)
 動機付け要因と衛生要因を分けて施策実施

 アトラクションは  [お金]
 リテンションは   [心]
 両社に共通するのは [未来への希望]

(5)モニタリング
 離職率や勤続年数、採用応募数、オファー受理率を定期的に測定


やっぱり、必要な人材像の定義が問題というか、一番大変だな。

スポンサーサイト

| ビジネス書日記 | 08時20分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://london3.blog81.fc2.com/tb.php/520-0216fa6e

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。