PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

TAC模試(4/7):組織:再現答案~再現率100%

タイプミスがなければ、再現率は100%っす。
それなりの自信はあったのだが、タイプしているうちに、こんな解答さらしていいのかと、
恥ずかしくなってきました。まあ、ええや。 プロセスの分析と復習が大事ね!
------
(第1問)
(設問1)
経営戦略の観点では、顧客の要求仕様への対
応から、顧客ニーズを把握して競争力のある
完成品をエンドユーザー向けに販売・開発す
る経営方針に転換し成長分野に投資した為。

事業構造の観点では、3事業をバランスよく
展開しリスク分散できており、油圧機器事業
で一定のベース売上げを確保し、成長分野の
光触媒事業に投資し、事業を育成出来た為。

(設問2)
X地域での立地で、地域企業との交流が深ま
り、産学連携の交流も深められたため、?情
報収集のアンテナが高まり、成長分野を把握
し新製品を開発できた、?信頼できる製造委
託先を見つけた、というメリットがある。

(第2問)
光触媒事業の組織構造を営業は部材と機器で
分け、製造は構造は変えず部材と機器の費用
把握を行う。理由は部材と機器では顧客や販
売形式が異なり考課手法も異なるためで、営
業組織に応じて費用負担が必要なためである。


(第3問)
(設問1)
顧客からの要求仕様に自社技術で対応するだ
けでなく、情報アンテナを高くし顧客の潜在
ニーズを把握し新製品を開発、提供し、製造
もコア以外は外部連携を強化する組織とする。

(設問2)
営業の人的資源上の課題は、評価が顧客への
技術的対応により行われており、製造・開発
部門に有利なため営業の意欲の低下の恐れが
あることである。また部材と機器の担当も同
じ評価軸のため不公平を持ち易いことである。

(第4問)
経営上の懸念は、社長が光触媒事業に傾倒し、
経営目標の実現に必要な油圧事業、面新事業
が軽視され、全社としての目標が達成されな
い可能性がある事である。また当該事業に従
事する社員の評価の低下で意欲が低下する。

以上

スポンサーサイト

| 診断士受験ネタ | 12時26分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://london3.blog81.fc2.com/tb.php/492-30f2fd36

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。