PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

たまにはビジネス書読まなきゃあ

小説ばかりでなくたまにはビジネス書も読みます。
 でも、ぐんぐん読めちゃうビジネス書とそうでないのは差が激しいです。
 91冊目はちょっとつらかった。 92冊目はわりとさらっとすすみました。

 感想文もなにかと書きにくいし。。ついつい目次紹介になっちゃいますね。


●91冊目
「人事が生み出す会社の価値」
  デーブ・ウィルヒ ウェイン・ブロックバンク著

【内容・感想】
 人事は給与・厚生などの定型業務だけやっている場合ではないとは
 昔から言われている。
 この本では、人材育成やら配置などの人事本来業務を超えて、
  人事としていかに会社に価値を生み出すか?そのためには
  どうするか?という内容になっている。

 人事は内部にばっかりいてはだめで、
 経済情勢を含めた、外部環境把握、
 実際の顧客に会って、現場はどうなのか把握したのちに
 施策立案しないと、価値が生み出せない・・
 
 エクセレントなカンパニーの人事部長レベルへの
 要求書なのかもしれない。
 スーパー人事マンだな。


●92冊目
「グローバル人事 課題と現実」
  ヘイコンサルティンググループ著

【内容・感想】
 グローバル人事がなぜいま最重要課題なのか?
 グローバル人事をどのように成功させるか?
 事例(全世界の社員が成果に貢献する企業へ)
  Cannon 三菱商事 帝人など・・

 ・グローバル化?とは欧米化ではない
  欧米から見ればアジアの地位向上
  グローバルと多国籍企業の違いって?
 ・世界共通の社員格付けの必要性
  今までは世界で共通のスキル管理だったが、評価についても
  国間、地域間格差は問題になる
 ・グローバル企業だからこそのリーダーシップの重要性
  サクセッションプランの重要性


多国籍企業とグローバル企業の違いって、1次試験で、昔でましたねえ。




スポンサーサイト

| ビジネス書日記 | 12時29分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

No title

TESTああ

| TEST | 2009/03/03 22:10 | URL |















非公開コメント

http://london3.blog81.fc2.com/tb.php/42-2e882096

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。