PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

引っ越しと91-95冊目

ついに、502教室の1階に引っ越させてもらいました!


91冊目から95冊目

『ミミズクと夜の王』 紅玉いづき 4.5点


奴隷の女の子が、夜の魔王フクロウとつづる暖かいストーリー
「あたしのこと、食べてくれませんかぁ」

聖騎士が助けに来たりと、
なんか、完全にお伽話なのだが、
ストレートに感情が表わされ、
その流れにのみ込まれていく。

電撃小説大賞受賞らしいですが、
なんだその賞は??と思ってたけど、
電撃でした。

レベルが高いのか低いのかよくわからない小説ではありますが、泣きました。

ステキでした

夜の王の崇高さも。


『神様がくれた指』  佐藤多佳子 3.5点


すりと占い師の組み合わせです。
スリなんて、という感じは否めませんが、
神様が与えた天賦の才を使って
最後の電車の中でのスリシーンはゾクソクしてしまいました。



『彼女はたぶん魔法を使う』樋口有介 4点


タイトルにやられましたね。
 なんかとても魅力的。

完全にソフトボイルド
 気障で憎めないセリフを吐く主人公と
  なぜかみんな美人の登場人物・・

テンポよく、あっさりと謎を解いてくれます。


『MAZE』       恩田陸   3.5点


白いトウフ
アジアの西の果てに立つ、人を飲み込むという謎の建物
ミステリーなのか、ホラーなのか
うまく切り分けられなかった。


『トリップ』     角田光代  2.5点

角田さんの作品は、ほんと、受け入れられる時と
全然だめなの差が激しい。。
薬にはまる主婦 駆け落ちしそびれた高校生 など
救いのない日常が続いていくのが苦しい。
スポンサーサイト

| 診断士受験ネタ | 12時29分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://london3.blog81.fc2.com/tb.php/38-965fec9c

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。