PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東野圭吾『魔球』3.5点/5点満点(2007年74冊目)

出口のない海 も 魔球 だった。 設定は似てるね。

野球物には弱いのかも。4点をつけてもよかったのだけど、動機の必然性が理解しにくいので減点

でもね、結構いいですよ。
高校野球物にあるまじき、全編に漂う、薄暗いイメージ
 高校野球部員の殺人から、企業の爆破予告事件まで、・・ そしてその事件を結ぶキーパーソンの暗さ

純情とか青春小説ではないね。

絶望と家族愛の物語、
 でも野球愛はなく、友情はなく、壮絶な主人公の悲しみが伝わってきます。


--AMAZONより
9回裏二死満塁、春の選抜高校野球大会、開陽高校のエース須田武志は、最後に揺れて落ちる“魔球”を投げた。すべてはこの一球に込められていた…。捕手北岡明は大会後まもなく、愛犬と共に刺殺体で発見された。野球部の部員たちは疑心暗鬼に駆られた。高校生活最後の暗転と永遠の純情を描いた青春推理。

スポンサーサイト

| 東野圭吾 | 08時12分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://london3.blog81.fc2.com/tb.php/293-91d978b1

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。