PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

貴志祐介『硝子のハンマー』(3.5点/5点満点)2007年88冊目

惜しい感じの作品

探偵側と 犯人側を別章で記載し、最後に合体という書式で。(そういうのに私は弱いんですけど)

しかし、なんといっても最大の殺人のトリックが ありえん・・ これがまっとうであれば4点だったな。

それ以外は、探偵側は、防犯コンサルとで、非常に防犯マニアなところが綿密に記載されており、興味深い。

一方、犯人側のは悲惨な人生をあゆんでおり、急に悲劇的な物語になっていたが、
なにか、筆のタッチも変わったよう印象をうけた。
2冊読んだようなお徳な感じです。

スポンサーサイト

| 読書日記 | 08時16分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://london3.blog81.fc2.com/tb.php/227-720edc42

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。