PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

角田光代『対岸の彼女』(4.5点/5点満点)(2007年91冊目)

2005年直木賞作品

高校時代と主婦時代の 時系列並列型。  並列型好きなんだよな。

でも、これは、それぞれの主人公が別になっている。高校時代の葵、主婦時代は小夜子

高校時代、おとなしくて、自分を出せない少女(葵)が
逆に、主婦になって、別の自分を出せない、主婦(小夜子)を引っ張っていく

前に進まなきゃあ。
自分を変える必要はなくて、ほんの少し、前に出てみれば、世界は変わってくる。
頼めば人も動かせるんだ

かなり、ウルウルきてしまった。

対岸の彼女
 ってタイトルがはまりすぎてる。

葵は、小夜子の中に、高校時代の自分を見てたのだろうか・・

パワーを頂けました。

スポンサーサイト

| 読書日記 | 07時53分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://london3.blog81.fc2.com/tb.php/219-94e3be60

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。