PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

(2007年98冊目)吉田修一『最後の息子』(4点/5点満点)

吉田修一さんのデビュー作 らしい。

最後の息子 破片 Waterの三短編

最後の息子は、吉田さんらしい、シュールでかつ何を言いたいのか
わからんけど、なんだか素敵。
相変わらず主人公の考えは伝わってこないけど、雰囲気がよろし。

逆に、Waterは らしくない。
なんか、青春真っただ中、の水泳(スポーツ)もの
それなりにゆがんでるんだけど、
この頃は、まだきっと、純真も残っていたのかもしれない。

「春、バーニーズで」を買おうと思ったら、最後の息子の
主人公のその後だということだったので、あわてて
買ってみて良い作品でした


--Amazonより
新宿でオカマの「閻魔」ちゃんと同棲して、時々はガールフレンドとも会いながら、気楽なモラトリアムの日々を過ごす「ぼく」のビデオ日記に残された映像とは…。第84回文学界新人賞を受賞した表題作の他に、長崎の高校水泳部員たちを爽やかに描いた「Water」、「破片」も収録。爽快感200%、とってもキュートな青春小説。

スポンサーサイト

| 読書日記 | 17時21分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://london3.blog81.fc2.com/tb.php/194-d1cf72e1

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。