PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

読書感想文(No4-5)~ダック・コールしぶい!

(4) アリスン・ブレナン 「ザ・プレイ」 3.5点
  3部作 ロマンティックサスペンスらしい。
  べたなんだけど、まあ楽しめる1冊ではあるかな。
  暇な時には続編を買ってしまいそう。

  3人の女性主人公がいて、1冊ずつらしいのだが、
  1冊目の終りに、次作の内容が、3-4ページ描かれており、
  ついつい読みたくはなる。 販売戦略の勝利か!?


(5)稲見 一良 ダック・コール 4.5点
 昨年は稲見さんの「セントメリーのリボン」にかなり感動しましたが、
 これもきました。それ以上かも。
 いつも帯にハードボイルドと書かれていますが、
 本当の意味のハードボイルドを教えてくれる。そんな気がします。

 とくにミステリアスかというとそうでもなく、
 みんながかっこいい拳銃を持っているかというとそうでもない。

 闘うのは、タフボーイもいれば、子供から、おじいさんまで

 でも、美しい。かっこいい。どんどん情景が浮かんできて、
 ついつい引き込まれる。

 もっと、稲見さんの本が読みたい。残念ながら10年以上も前に亡くなられている。
 全9冊の著書らしいので、しっかり味わいたいな。

 今年も アヒルの年か。。 (アヒルと鴨のコインロッカーが心の1位でした)

スポンサーサイト

| 読書日記 | 22時19分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://london3.blog81.fc2.com/tb.php/184-99be6f32

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。