PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

リアルフリーのビジネス戦略

20世紀のFREEは特売だった。スーパーのチラシでは特価品で客を集め
他の商品もついで買いしてもらうことが目的でした。
 つまり、5%を無料にするかわり 95%が有料だった。
21世紀のFREEは、まさにITだった。
 無料のゲームをやるヒトが95%だが、5%の人が有料で使ってくれれば
 それで元がとれる。
 なぜなら、ソフトウェアなので、1個作るのも100万個作るのも手間に大差がない。
 まさにネットワークの経済性が働く。

これが、フリーミアム! 
大ヒットした FREEのコンセプトだ。


しかし、今日紹介する「リアルフリー」は、ネットだけでもなく
リアルの世界で無料提供を目指すという物。
リアルフリーのビジネス戦略 高橋 仁 (単行本 - 2012/1/27)



著者はエステ店のチェーンをやっている。
 エステを無料で提供するにはどうすればいいのか?
  なるほど。

ヒントはFacebookのビジネスモデル。

ちょっとイケイケドンドンな危うさと漂うものの
 これはこれでありなのではないか!と思う。

巻末には、リアルフリーのアイデアを他にだしてくれた
出資も検討するから、ビジネスプラン募集中との案内が!
 1億円まで出してもいいだって! おいおい!(^^;

スポンサーサイト

| ビジネス書日記 | 08時11分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://london3.blog81.fc2.com/tb.php/1480-a44fc7a1

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。