PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

至弱をもって至弱に当たる

(ふぞろいブログと同様の投稿です)

いよいよ明日は1次本試験ですね。
準備は万端ですか?

 ・・・ 万端な人なんていないと思います。

 みなが程度の差こそあれ不安をかかえて、強大な敵である診断士試験に向かうわけです。

そこで、最後にこの言葉を送りたいと思います。


至弱をもって至強にあたる

三国志の英雄、曹操の配下であった荀の名言ですね。

曹操は、自分より圧倒的に勢力の強い袁紹の討伐に向かいます。
いわゆる、「官渡の戦い」
しかし、途中で弱気になって、荀に、もう撤退してもいいか?
 と手紙を書きます。その手紙への荀からの返信が
 「至弱をもって至強にあたる」だったわけです。

-------------------------------------
「出陣する前から、我が軍は寡兵で、敵軍が多勢だったことはわかっていたはずです。
この戦いを各地の群雄は固唾を飲んでみています。
ここで撤退することは天下統一へのミチを自ら閉ざすことになります。

我が軍は劣勢で、袁紹軍は優勢です。しかしここを耐え抜けば必ず変化が訪れます。
それを見逃さず、勝利を収めるのは、今、この時にかかっているのです。

故に、『至弱をもって至強にあたって』ください。
そして天の時を見極め、地の利を活かして勝つのです。
それが出来るのはあなたしかいないのです」

                  Yahoo知恵袋より流用修正
-------------------------------------


診断士試験が強敵なのは、やる前からわかっていたことです。
今更、戦う気を失う必要はありません。

かといって、やればなんとかなるさ!では、討死間違いなしです。

7科目の510分間。
一瞬たりとも気を抜かず、設問の一語一語に細心の注意を払って
最後の最後までやりきる。

これこそが、至弱である我々が至強を倒す唯一のミチではないでしょうか?

自分の弱さを認識した上で、
強大な敵を倒して来てください。


これは、官渡の戦いと同じく、勝利をおさめても、天下統一には程遠いです。

まだまだ、群雄割拠、さらなる強敵が待ち構えていますが、
これを倒さない限り、天下統一、すなわち診断士試験の合格は無いわけです。

皆様の勝利の吉報をお待ちしております。

Please! 1Click/day
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
スポンサーサイト

| 未分類 | 07時31分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://london3.blog81.fc2.com/tb.php/1382-b3c74c58

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。