PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

口述試験でやってはならないこと

「空白を作らないこと」と言われますが、模擬面談をやった上で、
もっと駄目だろうなと思ったことは、「コミュニケーションをとらないこと」

端的に言うと、質問したことに対して、空白が怖くて、
とにかく喋り出し、質問とは関係ないことを、
滔々と2分間しゃべられる方が中にはいらしたりします。

これには、正直、質問する側も むっ としたりします。
 もちろん表情には出しませんが。
 (口述試験本番では、あからさまに、
   むっとした表情を浮かべられる試験官もいらっしゃいますが)


1次試験で知識を問うて、
2次筆記試験でロジックを問うて、
2次後述試験ではコミュニケーションが問われます。

もちろん、1分も押し黙っているのは、まずいですが、
適切なコミュニケーションでは適切な間を持って
相手の問うた内容をしっかり答える必要があります。

あせらず、通常の営業活動やコンサルティングの場だと思って、
会話の成立を心がけてください。


まず間違い無く、ほとんどの方は合格されると思いますが、
安心したり、楽しんだりというよりは
最後の試験だと思って、緊張感を持った上で、
最後まで全力を尽くしてきてください!

初回の営業訪問やヒアリングってやっぱり、
ある程度の緊張感をもってやりますよね?

そんな感じで。

皆様の無事の合格をお祈りしております。

Please 1Click/1day!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村:中小企業診断士
スポンサーサイト

| 診断士受験ネタ | 08時06分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://london3.blog81.fc2.com/tb.php/1302-d3545ad9

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。