PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

5分で書くブログ~電子書籍

NANAさん、ER先生に便乗の5分で書くブログ

現在 13:59です。

今週末は、MPA12月定例会(11月だけど)
香港合宿の成果報告の他、「電子書籍への取り組み」を1時間発表します。

電子書籍の作り方1:http://london3.blog81.fc2.com/blog-entry-1257.html

発表に向けて、調査なり、自分で電子書籍を作ったりと準備中です。
また、発表後に、資料は公開しようと思いますが。

調査の過程で、電子書籍について書かれた、紙の書籍を何冊か購入しました。
なんたる矛盾・・・

執筆して取り分は、紙の場合は10%が著者に入ればいいほうだと言われています。

一方、電子書籍流通の販売手数料は、
・キンドルストア 30~65%
・iBooksotre 30%
・Smashwords 15%~48.5%
・パブー    30%
・nau     20%
 とのことです。
(出典:誰でも作れる電子書籍:インプレスジャパン)

 つまり、著者の取り分は、70%程度のところが多いことになります。

 なんたること・・・
 もちろん、今までの出版社の役割を無視するわけにはいきませんが、
 やはり、付加価値を提供した人の取り分が多い社会に
 なればいいなあと思います。

 そうすると、色々レイアウトにこらないといけない雑誌とか、
 色々と編集行為が必要な本はともかく、
 自分たちが書くようなビジネスネタであれば、編集行為って
 大幅に少ないはずなので、必要に応じて変更できればいいなと。

 まあ、儲けたいというより、適切な配分がよいですね。
 
 なにより、絶版で入手できないなんてことがなくなるだけでも
 電子書籍化する価値はあると思います。


ああ、14:09だ。 10分かかった。 5分じゃ無理だって。
うーん、リンクの設定とかトラックバックの設定で1-2分は使ってしまったな。。。

Please 1Click/1day!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村:中小企業診断士
スポンサーサイト

| IT | 14時10分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://london3.blog81.fc2.com/tb.php/1287-a7fd7cf1

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。