PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

H18事例3の考察1~解答例

過去問分析にご利用頂けると幸いです。
--------------
受験生時代には、過去問に取り組んで、
時間をかけてそれなりの解答を各事例でつくっていました。
改めて、読み返すとがっかりすることも多いけど、晒してみました。

↓↓↓ H18事例3生産事例
-------------------------------

01234567890123456789
(第1問)
生産面で全自動・単一加工で、低コスト、短
納期対応した為である。

取引面で得意先を広げ、稼働率と利益率の向
上を実現した為である。

(第2問)
C社の経営にとって、①好影響は短期的にY
社から受注量が増加することで、②悪影響は、
長期的に、Y社への依存度が向上し、Y社業
績に左右され、価格交渉力を失って利益率を
低下させ、Y社以外の顧客への生産能力が低
下し、環境変化対応力が低下することである。

(第3問)
強化点は、①生産面のQCDと②取引先の開
拓である。理由は、①技術開発体制の強化が
時代の発展に重要で、自動車メーカーからの
低コスト、短納期、小口輸送の要請が強いた
めである、②取引先の海外進出に伴う、新た
な取引先の開拓が必要なためである。


(第4問)
三価クロメート処理への転換は急務な為、開
発体制の強化を助言する。具体的には、①社
内の兼務2名の不十分な体制では残課題も多
い為、全社的な支援体制を確立する、②社外
では公設試験機関だけでなく工業団地内の企
業や部品メーカーとの外部連携を強化する。

(第5問)
管理項目は、①生産標準化向けには、内示情
報、受注・納期情報、生産計画・進捗情報、
メッキ濃度、要員負荷情報、②小口搬送向け
には、配送距離や、時間、コスト、ルートを
一元管理する。これらの情報により、複雑化
している生産割振りの柔軟・効率化を図る。

-------------------------------
過去問分析としては、もちろん不足しまくっている。
合格するためにはこれで十分との思いもある一方で、
やはり総花的で論点の絞れない逃げの解答が
多かったかなあと思ったりします。

30分後に続く


Please 1Click/1day!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村:中小企業診断士
スポンサーサイト

| 未分類 | 08時05分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://london3.blog81.fc2.com/tb.php/1251-735a168b

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。