PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

模試の点数に一喜一憂する必要はないのか?

ないんじゃないですかね。

もう、みなさん、各予備校、少なくとも自身の通っている予備校の採点基準は
理解している、もしくはイメージ出来ていると思います。

 完全なキーワード採点
 全体の方向性での採点
 切り口の整理での採点

 結局のところ、採点方法にも正解がないので
 (診断協会での採点方法が正解であり、その正解が発表されていないため)
 各予備校は独自の基準で採点するしかない。

 そして、複雑な採点基準にすると、
 採点品質が統一できないから、
 明快な分かりやすいものにせざるを得ない。

 その結果、予備校での点数が高くても、合格できず
 予備校での点数と合格の因果関係は乏しいと言われます。
 このへん、データがないのでなんともいえないですが。。
  いちど、データを取ってみたいものですが、なんとも難しいところです。


 結局のところ、予備校の模試などの点数で確認するのは
 以下の3つくらいではないでしょうか?

 (1)半分くらいの順位に入っているか?
   やはり、あまりにも点数が低いと、論点を落としすぎている
   狭すぎる解答になっている可能性があります。

 (2)極端に事例によって点数差がないか?
   特定の事例だけ、ご自身のやり方違っていたり、
   プロセスが確立できてない可能性があります。

 (3)複数予備校を受験した際に、予備校間での順位の差が激しい。
   あまりにも通っている予備校オリエンテッドの解答になっている可能性があり、
   本試験に対する柔軟度が下がっている可能性があります。

 点数以外は、
  必要なキーワードの入り具合 (読む力)
  各文章で因果が取れているか (考える力)
  主語述語形容詞が明確か   (書く力)
    など、いつものように確認するポイントはたくさんあると思いますが、
    少なくとも点数なんてどうでもいいでしょうね。

 後は、採点官によってどこまで有意義なコメントを書いてくれているかか。。

 ま、いずれにしても、信頼している講師の方と心中するのは、ありだと思いますが、
 予備校のやり方に心中するのは、危険だったりするのかなと思ったりします。(><

 何事もバランスよくがいいですね。


Please 1Click/1day!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村:中小企業診断士


スポンサーサイト

| 診断士受験ネタ | 12時12分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://london3.blog81.fc2.com/tb.php/1249-92428557

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。