PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

読感43

姑獲鳥の夏 (うぶめのなつ)京極 夏彦  4点

京極作品は初めてだったけど
面白いねえ。これ。

推理小説なのか、ホラーなのか、ごちゃまぜで進みつつ、
最終的には、論理的思考を元に解決してくれる探偵物語なのかなあ。

それにしても、物事の認識論などが最初に長々とあり、
ちょっとそこは、難解でクドクはあるのだが、
そこはそこで、面白い。物事の見方をかえてくれるかもしれません。

その前ふりがあったあとに、一気に、怒涛の展開・・

読んでて疲れる一冊だが、興味深い一冊であった。

--Amazonより
この世には不思議なことなど何もないのだよ――古本屋にして陰陽師(おんみょうじ)が憑物を落とし事件を解きほぐす人気シリーズ第1弾。東京・雑司ヶ谷(ぞうしがや)の医院に奇怪な噂が流れる。娘は20箇月も身籠ったままで、その夫は密室から失踪したという。文士・関口や探偵・榎木津(えのきづ)らの推理を超え噂は意外な結末へ。京極堂、文庫初登場!




スポンサーサイト

| 読書日記 | 08時45分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://london3.blog81.fc2.com/tb.php/120-10cbdd65

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。