PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

名刺管理をiPhoneでやる

以前、名刺管理については、詳しくまとめると言いながら放置しました。

『xxxについては、後日報告します!』とかブログで宣言しがちですが、
ついつい果たせぬまま放置だと約束をやぶったようで後味が悪いですね。

というわけで、
ようやく自分なりの「iPhoneでやる名刺管理」
 確立してきたので、ご報告します。

実は放置してたわけではなく、試行錯誤していました。 (言い訳)
このやり方が名刺を活用する上では便利!と思っても手順が面倒だと継続できません。

(0)事前準備
スキャナーで読み取るところまでは共通です。私のSCANERはSCAN SNAP S1300。
名刺なら10枚程度は連続してよみとってくれます。1枚10 5秒くらいですかね。
なかなか快適です。
scansnap-s1300.jpg



その後の方法としては以下が考えられます。

(1)OCR(文字情報として読み取る)
(2)画像として読み取り、iPhone上での名刺管理ソフトを利用
(3)画像として読み取り、iPhone上での画像ビューワを利用


(1)文字認識
もちろん、(1)ができると、一番便利です。PC上での名簿管理にもつながりますし。
 しかし、やはりOCRの精度が問題になります。精度は通常スタイルの名刺だと8-90%でしょうか。
 ただ、様々な形式の名刺があると、急に精度が悪くなり、
 読み込んだ後の手作業でのデータ修正が面倒で、そうそうにあきらめました。

(2)画像取り込み+iPhone名刺管理ソフト活用
次に(2)
画像として読み込んで、iPhone上の名刺管理ソフトで データを入力する。
名前だけつけました。 むらかみともや などのように。
さらに、研究会毎などに分類するTAGもつけました。
なかなか便利そうです。検索もできますしね。

しかし、やはり作業負荷が少し高かったです。

iPhoneにファイルを読み込んで置いて、
電車中など暇なときに入力していけばいいかと思ってやっていましたが
量も多いですし、やはり、iPhoneの名刺管理ソフトで入力するのもちょっと手間です。
150枚くらい入力したのですがあきらめました。


(3)画像読み込み
ということで最終的に(3)の方法にしました。
 1.名刺を読み込む
 2.ファイル名を名前として保存する。
   むらかみ
  たくさんいそうな苗字の時は
   むらかみとも
    などのように下の名前も多少入力。

 3.あかさたなはまやらわ という各画像ファイルをつくりました。
 4.そしてiPhoneと同期。
meisikanri.jpg


 ファイルをフォルダ分けするという手もありますが、
 フォルダ分けの手間をはぶいて、全名刺を一覧で、あかさたなで確認できる方を選びました。

 どうでしょうか?
 実際のリアルの名刺管理と一番近そうではないですか?

 「あかさたな」の タグがついている、名刺ケースで、パラパラしながら捜す。

 iPhoneでは、指でいつものように、すべらせていれば、
 結構簡単に目的の名刺を見つけることができます。

 なにより、一覧で画像を見て、氏名レベルの文字は、十分に、iPohne画面で読めます。
 (モザイクかけていて、お見せできないのが残念ですが)
 ですから、あかさたなのタグから、 
  む: むらかみ! の名刺は簡単に発見できそうです。


 その他にもevernoteに掘り込むのもやってみたのですが、
 やはりネットワーク経由ではレスポンスが不満です。

ということで、(3)のやり方で 継続していきます!
SCANすることさえ、サボらなければ続けられるはず!

iPhone診断士へのミチ がまた一歩。


Please 1Click/1day!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村:中小企業診断士
スポンサーサイト

| IT | 00時01分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://london3.blog81.fc2.com/tb.php/1152-47897f03

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。