PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1Q84 BOOK3

ネタバレレビューなので、見たくないとは、読まんといてください。


---

完結でいいんだよね。
BOOK1が 4月~6月で BOOK2 は7-9月 BOOK3は 10-12月

もう、3ヶ月欲しいところだけど、 1984年 もしくは 1Q84年は終わってしまうもんね。

まさか、いきなり、青豆さんが引き金を引いてなかったとは。。。
 そりゃないよね。
  まあ、主人公のひとりが消えていなくなってしまうわけにはいかないのだろうけど。
   そういう意味では、BOOK2で終わっていても良かったんじゃないかな。
  引き金は引いたけど、 気がつくと 1P84だった、みたいな展開を予想してたのに。。
 

私の村上春樹の長編 好きなランキングはブログの右横にも張っているけど
以下の通り。
 1位 世界の終わりとハードボイルドワンダーランド
 2位 羊をめぐる冒険
 3位 ノルウェイの森

BOOK2までを読み終わったときは、1Q84を4位に位置づけていたけど、
 ちょっと、格下げで5位だな。
  4位には、 「ダンス・ダンス・ダンス」が再浮上ということで。

さて中身は、愛のハッピーエンドと捉えていいだろう。 (いいよね?)
 牛河さんの予想外の活躍
  絶対的なタマルの力
   には、心踊りましたが、
マザとドウタ、空気サナギとか、 リトルピープルとか
 相変わらず、放置感満載ですな。

 青豆と天吾の 再会については、 らしくなく、親切丁寧に
  解き明かしてくれていたけど、
   期待を裏切るとか、予想外の驚きが無いまま 終了してしまった。
    まあ、ミステリーでもないだろうから、
     そんなことは期待したらいけないのかもしれないけど。

 そんなことなら、もっと、ちらかして終わっても良かったんではないだろうか。

 もちろん、不満も多いけど、純粋に楽しめましたね。
 なにより、読む真剣度はいつもの250%位で読んでいますから、
 ほんとにひたれる。

 そして、途中で、空を見上げて、月を捜す。
  僕には 2つ目の月が見えないことを、安心もし、がっかりもする。

 見えないもの
  聞こえないもの
   
   1Q84の中では十分に感じ取れたと思う。


 終りなのかな。
  これ以上は、もう期待できないのかな。 
   1Q84にも、村上春樹にも 
    と思うと、寂しくなる。
     せまりくる、圧倒的な、孤独とか、無力感とか、幸福感とか もっと感じたい。


ちょっと、素敵なキャッチコピーの方が勝っているよね。

「更に深く、森の奥へ」
   新しい、タイガーが反対を向いている世界が、森の奥へと言うことなのか。
   違う気もする。


「そこは世界にただひとつ完結した場所だった。」
   完結した場所じゃあなかったのが、結論ではないのだろうか。

「どこまでも孤立しながら、孤独に染まることのない場所だった」
   ま、これはそうかな。


 ちなみに、私の中では、
  6位が 国境の南、太陽の西で、
   7位が スプートニクの恋人、
    8位が、ねじまき鳥
     9位が 海辺のカフカ
      10位が アフターダーク
  という意味では、最近ものの中では、評価が高かった方とも言える。
  

また、
数日前に再読した、「ゴールデンスランバー」伊坂幸太郎にも、
ビッグ・ブラザーがでてきました。
ジョージ・オーウェルの小説『1984年』
 すごい影響力だなあ。

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)
読み終わって、怖くて寝れなくなった。 ジュリア!
読了日:08月26日 著者:ジョージ・オーウェル

Please 1Click!/1day
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村:中小企業診断士
スポンサーサイト

| 村上春樹 | 02時12分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://london3.blog81.fc2.com/tb.php/1138-3ba4b838

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。