PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

読感48:「触発」



「触発」 (中公文庫)今野 敏 3.5点

 駅員、警察、公安、自衛隊、社会学者、そして犯人・・ それぞれの視点でつづられている。  今野さんの作品は、緊迫感の割にあっさりとしていますね。爆発物の詳細描写のわりには、心理描写が少ないのかなあ。

都内連続爆破テロが発生。
 事故に巻き込まれる駅員
 爆破予告を受けて、真摯に対応しなかったことを悔やむ刑事
 カンボジア生まれでの自衛官
 そして、社会実験にあこがれる社会学者

 みなが淡々と自分の役割をこなしていきます。

 はたして、犯人はなぜ、テロを起こしたのか!
  予想外の展開には淡々と驚きました。

--Amazonより
朝のラッシュで混雑する地下鉄駅構内で爆弾テロが発生、死傷者三百名を超える大惨事となった。その威信にかけ、捜査を開始する警視庁。そんな中、政府上層部から一人の男が捜査本部に送り込まれてきた。岸辺和也陸上自衛隊三等陸曹―自衛隊随一の爆弾処理のスペシャリストだ。特殊な過去を持つ彼の前に、第二の犯行予告が届く!はたして犯人の目的は、一体何なのか。


スポンサーサイト

| 読書日記 | 09時55分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://london3.blog81.fc2.com/tb.php/112-aa535c99

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。