PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

GO

『GO』金城一紀

何年も前に、DVDは見たことがあった。
 窪塚君と柴咲こう主演。
  あの、いっちゃった窪塚くんの目が忘れられない映像です。ほんとに演技もスゴイと思った。
   (數年したら、ほんとに、いっちゃいましたが)



在日 とは・・ に取り組んだ。当時の話題作ですね。

今はもう、(個人的には)その言葉に対して、特に感想も意見もないような気もするし、
 実際どうなんだろうか。

国籍による差別、友人の死などを、軽いトーンでテンポよく進めるので、
重大問題に向き合っている気がせず、一気に読める。

日本って枠をつけるから、在日という言葉ができてしまうわけで、
アジア、世界と、枠を広げれば、そんな言葉に何の意味もない。

機能戦略にこだわっている時に、経営戦略に立ち返って考えるのと同じだと思う。
いつも、ALWAYS、広い視野だと、宇宙なヒトになってしまいますが、
状況に応じて、ここは、一段高い視点で!考える!というコントロールをしないといけない思います。

まあ、そんなことより、
「彼女はとても可愛かった」 という 人類原型の感情も大事にしないといけない。


重いテーマにもかかわらず、
泣き笑いできる、スピード感あふれる秀作ですね。

そっか、あの薄さで直木賞とってたんだ。納得。

MoreGO!な感じね。

--AMAZONより
広い世界を見るんだ―。僕は“在日朝鮮人”から“在日韓国人”に国籍を変え、民族学校ではなく都内の男子高に入学した。小さな円から脱け出て、『広い世界』へと飛び込む選択をしたのだ。でも、それはなかなか厳しい選択でもあったのだが。ある日、友人の誕生パーティーで一人の女の子と出会った。彼女はとても可愛かった―。感動の青春恋愛小説、待望の新装完全版登場!第123回直木賞受賞作。


にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村:中小企業診断士
スポンサーサイト

| 読書日記 | 09時30分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://london3.blog81.fc2.com/tb.php/1102-4987154e

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。