PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

117

NHKのドラマに触発されて、地震追憶。

あの日、突然目が覚めた。そして、すぐ布団に潜り込んだ。
夢?終わり?死ぬ?

ひたすら丸まった。

恐る恐る布団からでる。
2段式の本棚上段が降ってきた。
ベットのとなりの電子レンジはかろうじて、落ちる手前でとどまっていた。
当時たくさん部屋に置いていた酒瓶がふってきた。
10本くらいあったのに、不思議なことに、割れたのは色のついたお酒だけだった。
カシスとウィスキーと、あとなんだったかなあ。

不幸なことに酒棚の下の段はCDコーナーだった。

今でも、私の一番好きなCDのうちの一つの
Symphony or Damn ~ テレンス・トレント・ダービーのCDが一番ひどかった。
カシスでドボドボに。今でもたまにCDをあけると、
なんとなく、ネちゃっとしている気がする。
TTD.jpg


部屋の惨状に呆然としていると、バイクのことを思い出した。
外の様子も見たかったので、外に出てみる。

驚くほど静かだった。

その中でひっそりと、赤いバイクが横転して、ウィンカーが割れていた。
マンションを見ると、ヒビが入ったり、壁のタイルが少し剥がれているだけで無事そうだ。

ともかく、堺の実家に電話してみる。寝ぼけたオヤジがでてくる。まだ6時前だもの。
「地震?ああ揺れたかなあ」 がくっとしつつもホッとする。
揺れたのは、このあたりが中心だったのかなあと。
(蛍池です。横転してた伊丹駅から車で15分くらいのところ)

改めて部屋にもどる。お酒の異臭、散らばった本、降ってきたコンポなどをみながら、
どうしようもないので、割れて酒瓶から片付けを始める。
本棚などを起こす。。
 
 よ、余震・・

やっちゃダメなのだろうけど、立て直した本棚を押さえてドキドキ収まるのをまつ。。
 気持ち悪い。本震のイメージがよみがえる。。

なんとか、2時間かけて、危険物は整理し、あまりの疲れを覚え、
布団にもどって、改めて、丸まる。

と、その時電話がなる。 大学からだ。
「研究室が大変なことになっているから手伝いに来て!」と先輩からの電話。
 先輩は大学に泊まっていて、真っ暗な中、男ふたりで手をつないで、校舎外へ逃げたとのこと。

ウチノ部屋の掃除も終わってないのに、、、 仕方なく自転車で大学へ。
私は生物工学科。研究室等にいくと、そこそこで またも異臭が。。
危険な薬品ないだろうな。。 あるんです。大学だから。
薬品じゃないけど、放射能マークのついたドアを遠巻きに見つめながら、
自分の研究室へ。うちはコンピュータ系の生物なので、なんとかパソコン・サーバー類が
ひっくり返っているだけですんだ。
私の卒論データはちゃんとバックアップとってたし。
(なまもの系の人たちはデータとか、育ててた菌が死んだりで、卒業旅行がボツになっていた人もいたですね)

ひどかったのは、むしろ実験室とかお茶室。普段からちらかっているので。。
お茶室を掃除しながら、テレビをみなでみだす。

後はみなさんの知っている通り。。

電話はつながらないわ、駅はたおれてるは、街は燃えてるわ。

幸い、知人には埋れたひとはいたけど、亡くなった人はいなかった。
 幸いか。。。

ま、結果として震源地でもなんでもなかったので、
灘や長田の人に比べて、震災を語る資格もあまりなさそうですが、
改めて、鎮魂の思いで、眠りにつきたいと思います。

夢見ませんように。
スポンサーサイト

| 普通の日記 | 01時42分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://london3.blog81.fc2.com/tb.php/1089-68d13289

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。