PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2009年に読んだ本~読書メーター

2009年の読書メーター
読んだ本の数:164冊
読んだページ数:50674ページ

男子の本懐 (新潮文庫)男子の本懐 (新潮文庫)
本書は、昔の政治家の生き様を、今の政治家に見習え!という雰囲気がプンプンするが、 金本位制についても、そうかもしれない。もちろん、私は制度の本質を理解しているわけもないが、 膨張する経済が、リーマンショックなりで破裂した。 金本位制なら破裂はしなかった。しぼみきったかもしれないが。 右肩上がりの経済は日本では終わったと皆が言う。 ならば持続可能な日本・世界が形成されるべきで、 そのためには一度、小さく小さくしゃがんでもいいのではとも思う。
読了日:12月30日 著者:城山 三郎
ビジネスゲームで学ぶMBAの経営―経営シミュレーションゲーム「LAUNCH」活用法ビジネスゲームで学ぶMBAの経営―経営シミュレーションゲーム「LAUNCH」活用法
壮大すぎて、予想したのとちがった。
読了日:12月30日 著者:相葉 宏二,ソニーヒューマンキャピタル
鋼の錬金術師 24 (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 24 (ガンガンコミックス)
大総統に惚れ直した
読了日:12月30日 著者:荒川 弘
ブラックペアン1988(下) (講談社文庫 か 115-2)ブラックペアン1988(下) (講談社文庫 か 115-2)
チームバチスタの栄光の20年前を振り返る。 大学生の速水や田口がチラッと出て将来への影響を受けたり、まだ赤くなったりする花房さんにあえたり、何より中心は高階院長。バチスタより面白いという批評もあるがあたっているようであたっていない。ストーリーの面白さは十分だけど、やはりバチスタのキャラたちの昔が見れるというのがこの面白さの半分なのであろう。 ペアンってどんな形をしているのかイメージがつかないのがちょっと残念。またこの世良さんを中心とした続編など出ないかしら。 無限ループっぽいけどね(^^;
読了日:12月29日 著者:海堂 尊
ブラックペアン1988(上) (講談社文庫 か 115-1)ブラックペアン1988(上) (講談社文庫 か 115-1)
読了日:12月29日 著者:海堂 尊
シアター! (メディアワークス文庫)シアター! (メディアワークス文庫)
赤字演劇集団を立て直す、鉄血宰相。 ドタバタ喜劇で、まさに笑劇に合うストーリー ラブコメ要素なしというところもチャレンジャラブル。 元劇団員の自分としても、入り込めた。
読了日:12月25日 著者:有川 浩
百瀬、こっちを向いて。百瀬、こっちを向いて。
スマッシュヒットな感じですな.。 オタクの恋の物語か。 最後の 小梅は やりすぎだと思うけど、基本的には、はにかんでしまう。 神林さんより 百瀬を選べる 自分でありたい かな!?
読了日:12月25日 著者:中田 永一
青が散る〈下〉 (文春文庫)青が散る〈下〉 (文春文庫)
読み終わったら、完全に「夏子」を愛していた。そんな感じ。 震えっぱなしの鳥肌たちっぱなしだった。 ある意味大学生の日常でしかないのに、なぜそう感じたのだろう。 確かに、テニスが終わった後に六甲山にドライブに行ったり 神戸でデートしたりと、自分にも近かった環境のせいかもしれない。 しかし、  大学時代にテニスはやったけど、ここまで真剣でもなく、  友達は学生結婚してないし、自殺もしてない、  そして、ここまで一途に恋をしてたわけでもない。 燎平は、まさに、大学生の「王道」であったんだろう。
読了日:12月18日 著者:宮本 輝
人質カノン (文春文庫)人質カノン (文春文庫)
あ、この本、昔読んだことある また間違えて買ってもうた。 でも、じっくり再読。 7編の短編集で、”8月の雪” "過ぎたこと"がしんみりかつ、未来への希望が感じられてすてきだった
読了日:12月18日 著者:宮部 みゆき
青が散る〈上〉 (文春文庫)青が散る〈上〉 (文春文庫)
出張の片道で読み終わってしまった。下巻ももってくればよかった。しかし時代は感じるものの、なんだかドキドキが伝わってくる。非常に興味深い。 テニス終わりに六甲山ドライブって自分の大学の頃みたい。 下巻で 青が散る意味がわかるのかな。 楽しみ
読了日:12月15日 著者:宮本 輝
人生の成功とは何か 最期の一瞬に問われるもの人生の成功とは何か 最期の一瞬に問われるもの
これは詩集です!? 3つの切り口が なんかバランスが悪いように感じるけど、 中身は すごいですね。 ふとした時に ふとページを開いて、読み返したくなる本です。  成長しているのだろうか と悩んでしまいそうです。 
読了日:12月14日 著者:田坂 広志
ストロベリーナイト (光文社文庫)ストロベリーナイト (光文社文庫)
ベタベタな感じだけど, 単純でおもしろかった という 在り来りな感想が似合う一冊。 ちょっと表現がえぐかったりするけど、 ドラマを見終わったような臨場感は さすがです。
読了日:12月12日 著者:誉田 哲也
「超」情報検索・整理術 「整理しない」「覚えない」で効果抜群! (ソフトバンク文庫 ヤ 4-1)「超」情報検索・整理術 「整理しない」「覚えない」で効果抜群! (ソフトバンク文庫 ヤ 4-1)
3こくらいは 役経つことがあったよ。   まあ、本でなくて、ネットでまとめてくれればいいのに。。 買っちゃう俺も俺だ・・・
読了日:12月10日 著者:山路 達也
あたりまえだけどなかなかできない 起業のルール (アスカビジネス)あたりまえだけどなかなかできない 起業のルール (アスカビジネス)
当たり前だ・・ 101の起業ルール。 しかし、一体何個実現できるのだろうか。いつかチェックリストでチェックしてみたい。
読了日:12月09日 著者:四ッ柳 茂樹
卵の緒 (新潮文庫)卵の緒 (新潮文庫)
血の繋がらない親子、腹違いの兄弟。家族のあり方。 ちょっとズレ気味の会話の中に、深い愛情が溢れていて、ぐっとくる本ですね。
読了日:12月09日 著者:瀬尾 まいこ
クロノス・ジョウンターの伝説 (ソノラマ文庫)クロノス・ジョウンターの伝説 (ソノラマ文庫)
いかにもの、タイムトラベルもの。 時をかけるには色んな制約がつきもの。クロノス・ジョウンターは、過去に戻った時間の二乗分、未来に飛ばされる。浦島太郎になるのを覚悟で,過去を変えるために過去へ飛ぶのか。 非常に在り来りな感じが、逆にまた、新しい印象をあたえる。 愛は時間を飛べるのか。 いい作品ですね。キャラメルボックスのDVDも買ってしまいました。(この本を原作にした演劇)
読了日:12月07日 著者:梶尾 真治
フィッシュストーリー (新潮文庫)フィッシュストーリー (新潮文庫)
フィッシュストーリー、ばかげた話・・ 相変わらずキレてますなあ。 最近あんまりキレのない長編より、やはり短編でこそ、力を発揮する作家だと思う。 「権力者に許された言葉を知っているか?」 「お礼ならその人のお父さんに」 かっこよくて、笑いながら鳥肌が立つ。 4編の短編集だが、どれもすばらしい。でも、やっぱり表題のが一番かなあ。 今までに出てきた魅力あるキャラクターがたくさん出てきま。黒澤さんとか。そして最後の「ポテチ」ではしんみり じわっと終わらせてくれる。
読了日:12月03日 著者:伊坂 幸太郎
強運の持ち主 (文春文庫)強運の持ち主 (文春文庫)
確かに別にどうってことない話の4つの短編集。 占い師のルイーザは、最後は占いでアドバイスしない。探偵みたいなことをしたり、他の人に相談したり、自分で考え悩んだり。その辺の人間臭さが、あったかくて、がんばろうという勇気というと言いすぎだけど、ちょっと頑張ろうという元気を与えてくれるのだと思う。 タイトルと多少アンマッチ感はあるけど、ステキなタイトルだなあ
読了日:11月30日 著者:瀬尾 まいこ
黒と茶の幻想 (下) (講談社文庫)黒と茶の幻想 (下) (講談社文庫)
むむ。非日常がテーマだが、とても日常的なストーリー。何か起こりそうで何も起きない。ある意味、恩田陸でなければ、怒るところだ。 『麦の海に沈む果実』からのクロスオーバーもあり、イラっとするところも、ハッとするところも、あり難しい作品だなあ。4人の登場人物が主語で入れ替わっていくが、最後が一番まとも?な節子で終わるのかあ。色々考えたろうし、考えさせられる。
読了日:11月28日 著者:恩田 陸
黒と茶の幻想 (上) (講談社文庫)黒と茶の幻想 (上) (講談社文庫)
4人の視点がきりかわる。 まだ 謎の大本がなにかもわからない。 ちょっともどかしぎみだが、 下巻でバシッと決めてくれるのだろうか・・
読了日:11月26日 著者:恩田 陸
iPhone情報整理術 ~あなたを情報’’強者’’に変える57の活用法!(デジタル仕事術シリーズ)iPhone情報整理術 ~あなたを情報’’強者’’に変える57の活用法!(デジタル仕事術シリーズ)
まだまだ、結構、参考になった。ここまで整理できると素晴らしいなあ
読了日:11月24日 著者:堀 正岳,佐々木 正悟
エンデの遺言―「根源からお金を問うこと」エンデの遺言―「根源からお金を問うこと」
利子がつくお金が問題であった。だから腐るお金で世界を変える。。 ちょっと難しい。難しい限り普及できないのだろう
読了日:11月22日 著者:河邑 厚徳,グループ現代
「ゆっくり」でいいんだよ (ちくまプリマー新書)「ゆっくり」でいいんだよ (ちくまプリマー新書)
ゆっくりでいいんだよといいつつ、ファーストフード店で読み終える、この矛盾をどう解決していくかだ。。 いやそもそも解決する必要はないような気もする。 考えさせられるところもあるが、一方で、読んでてイライラしちゃう自分もいる。  矛盾って 解決できないから好き!
読了日:11月20日 著者:辻 信一
水に眠る (文春文庫)水に眠る (文春文庫)
鷺と雪に感動し北村薫作品を買い漁る・・ しかし難しいね。読み手が教養高くないとついていけない作品が多い。これもそうだ。ちょっとわかりづらい。もっとやさしくてもいいのに。
読了日:11月17日 著者:北村 薫
拝啓オーナー殿「事業の承継問題」はどうしますか?拝啓オーナー殿「事業の承継問題」はどうしますか?
事業承継本って やっぱ著者の背景によって だいぶトーンが変わるものなのね
読了日:11月14日 著者:照井 卿,成田 一正
お客さまがまた来たくなる  ブーメランの法則お客さまがまた来たくなる ブーメランの法則
Pepa先生推奨 なるほど テクニック論はさておき、やさしさが伝わってくる 深い本だ
読了日:11月14日 著者:ファーガル・クイン
社労士V ハルの社労士試験半年・一発合格の極意社労士V ハルの社労士試験半年・一発合格の極意
やっぱ、最初はこんな本もよんどかなきゃあね。
読了日:11月12日 著者:大沢 治子
iPhone3.0 スターティングガイド (INFOREST MOOK PC・GIGA特別集中講座 340)iPhone3.0 スターティングガイド (INFOREST MOOK PC・GIGA特別集中講座 340)
5分で読み終わった・・ まあ、でも欲しなった
読了日:11月09日 著者:
誰にでもできる「セミナー講師」になって稼ぐ法 (DO BOOKS)誰にでもできる「セミナー講師」になって稼ぐ法 (DO BOOKS)
ノウハウ本ではあるが、ノウハウだけでなく、しっかり思いも伝承されている。。意外と良い本だった。
読了日:11月09日 著者:松尾 昭仁
子どもたちは夜と遊ぶ (下)子どもたちは夜と遊ぶ (下)
小説技術としては、ベタなのが一杯。わらべ唄、そっくりの兄弟、珍しい名字 iとθの関係・・ ミステリーとしてはだめかも。 しかしそれでもなお、この暗闇に光がさす温かい悲しい感じは何なのだろう。たまらない。 他の小説でも登場する人物の活躍などの、小説間のクロスもステキ。 深月さんの底知れぬ力には羨望した
読了日:11月07日 著者:辻村 深月
診断士ギョーカイ用語辞典150―ストーリーで読む診断士ギョーカイ用語辞典150―ストーリーで読む
ちと中途半端巻が残る。よむターゲットを広く設定しすぎたのでは? 面白いところイライラするほど冗長ななところが混在 でもまあ「あるある!」といいたいところはあったね(^^;
読了日:11月06日 著者:福島 正人,木伏 源太,黒川 如
子どもたちは夜と遊ぶ(上)子どもたちは夜と遊ぶ(上)
なんだこれは・・タイトルとは全然イメージは違う・・ どんどん人が死んでいくこのあとどうなるんだ・・ ベタすぎるわらべ歌殺人と 不思議な過去・・まとめ方が楽しみだな
読了日:11月06日 著者:辻村 深月
カラフル (文春文庫)カラフル (文春文庫)
読書感想文向きだな。 重いテーマをさらっと、メルヘンな感じで最後にはほろっときた。 佐野唱子が記憶になかった理由が良くわからないのが不満
読了日:11月05日 著者:森 絵都
オーナー社長と後継者のための事業承継入門オーナー社長と後継者のための事業承継入門
経営承継と資産承継をバランスよく記述されている。
読了日:11月03日 著者:堀内 直太郎,宮澤 正彦,野田 彰彦
心霊探偵八雲  SECRET FILES 絆 (角川文庫 か)心霊探偵八雲 SECRET FILES 絆 (角川文庫 か)
どんどんベタになっていくストーリーだが、八雲のツンデレぶりが過去に戻ってさらに激しく、むしろキャラクターが強化されたかのようで、意外と受け入れられた
読了日:11月01日 著者:神永 学
ドミノ (角川文庫)ドミノ (角川文庫)
ドミノ倒しのように色名パズルがくみあわさってということだったが、色々ありすぎで、かえっていらいらした。 残念
読了日:10月31日 著者:恩田 陸
うかる!社労士入門ゼミ〈2010年度版〉 (うかる!社労士シリーズ)うかる!社労士入門ゼミ〈2010年度版〉 (うかる!社労士シリーズ)
とりあえずの ちょ~入門書おわる。。 さて・・
読了日:10月30日 著者:富田 朗
夜と霧 新版夜と霧 新版
重、暗・・ 人間の尊厳とか・・・  明けない夜もないし、はれない霧もないか・・
読了日:10月29日 著者:ヴィクトール・E・フランクル
puzzle (祥伝社文庫)puzzle (祥伝社文庫)
薄! 1時間ほどで読み終わる。 内容も深みがありそうで、薄い・・ 
読了日:10月27日 著者:恩田 陸
ぼくのメジャースプーン (講談社ノベルス)ぼくのメジャースプーン (講談社ノベルス)
ちょっと 説明説明しすぎている気がして、読むのが苦しかった。
読了日:10月26日 著者:辻村 深月
木曜組曲 (徳間文庫)木曜組曲 (徳間文庫)
女5人の心理戦 嫌いじゃないっす 誰が犯人? 誰が嘘をついてる? 恩田ワールド全開ですな。確かに映画映えしそう 今度見てみるか
読了日:10月26日 著者:恩田 陸
図書館戦争図書館戦争
本好きの私にはゆゆしきテーマの焚書坑儒 設定はおもしろいんだけどなあ。ちょっと無茶なテーマだからこそ、もっと、真剣に描いてもよかったのかと思います
読了日:10月24日 著者:有川 浩
レバレッジ・リーディングレバレッジ・リーディング
レバレッジだけに、1時間で読んでみた
読了日:10月21日 著者:本田 直之
ITストラテジスト試験午前精選予想500題試験問題集〈平成21年度版新試験制度完全準拠〉ITストラテジスト試験午前精選予想500題試験問題集〈平成21年度版新試験制度完全準拠〉
読了日:10月21日 著者:
独立開業マニュアル―これだけは知っといてや (岩波アクティブ新書)独立開業マニュアル―これだけは知っといてや (岩波アクティブ新書)
全編おおさかべんにしなくても。。。
読了日:10月21日 著者:
凍りのくじら (講談社文庫 つ 28-5)凍りのくじら (講談社文庫 つ 28-5)
深月さんの得意のジャンルじゃないなあと思い読み進める。しかし涙ぼろぼろ・・・ さらに最後はやっぱり深月さんだった。たまらない。ドラえもんの小道具で進む展開。そして写真家の父の情景が見えるかのような写真。さらに母親の撮った写真・・全部涙でにじんでよく見えなかった
読了日:10月20日 著者:辻村 深月
Gボーイズ冬戦争―池袋ウエストゲートパーク〈7〉 (文春文庫)Gボーイズ冬戦争―池袋ウエストゲートパーク〈7〉 (文春文庫)
もう、連載終えた方がいいね。作を重ねるごとに劣化が激しい。。。登場人物の輝きがどんどんなくなっていく。肉屋がなつかしい・・・
読了日:10月16日 著者:石田 衣良
月の扉 (光文社文庫)月の扉 (光文社文庫)
ああ、一回読んで、ブックオフ送りにした本を間違えてまた買っちゃった。。 やっぱり読み終わってもいまいちか・・ 設定はいいのになあ、動機とかストーリー展開が・・
読了日:10月16日 著者:石持 浅海
情報処理技術者試験ITストラテジスト完全教本〈2009年版〉情報処理技術者試験ITストラテジスト完全教本〈2009年版〉
ああ、やっと1順目が終わった・・・ 難しい・・・
読了日:10月15日 著者:金子 則彦
らくらく個人事業開業のすべてがわかる本―記入例付だから1人でできる!らくらく個人事業開業のすべてがわかる本―記入例付だから1人でできる!
あんまりわからんかった・・・
読了日:10月08日 著者:東京シティ税理士事務所
鷺と雪鷺と雪
ハイカラさんが通るを想い出してしまう。青春の元気一杯のはいからさん。そこに日露戦争(?)の暗い影が忍び寄る。この作品はもっと間接的であった。元気な英子と謎のベッキーさん。いまいち謎がすっきりしないが、この本の本質はそういうことではなかったのだと思う。なぞは明らかになったわけではないが、時代は明らかになった。そう昭和11年。雪の降る日。最後はふるえました。直木賞らしい素晴らしい本です。雪の中に飛ぶ鷺は未来への希望だったのだろうか、それとも数年後に向けての絶望のあらわれだったのか
読了日:10月07日 著者:北村 薫
玻璃の天 (文春文庫)玻璃の天 (文春文庫)
するっと読み抜けてしまったけど、後書きをよんで、あわてて読み返す・・ 深い・・ これは第三部作 直木賞受賞作品 鷺と雪が 楽しみでならない。。。 文庫になる前に買うか・・
読了日:10月04日 著者:北村 薫
卒業 (講談社文庫)卒業 (講談社文庫)
加賀刑事の大学時代・・・ ちょっと 青いね。
読了日:10月02日 著者:東野 圭吾
スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫
名言、名行動のオンパレードですな。 本というより、辞典のような・・・ またたまに開いて、パラパラとチェックしたくなる本ですな。
読了日:09月28日 著者:サミュエル スマイルズ
「象の消滅」 短篇選集 1980-1991「象の消滅」 短篇選集 1980-1991
おお、なぜか2個くらい初めて読んだのがあった。。短編集で読み逃しているのがあったのか。。調べなきゃあ。 タイトルの象の消滅が最後なのが、いい感じな終わり方・・
読了日:09月27日 著者:村上 春樹
一勝九敗 (新潮文庫)一勝九敗 (新潮文庫)
なるほど スピードか・・
読了日:09月24日 著者:柳井 正
街の灯 (文春文庫)街の灯 (文春文庫)
直木賞作品『鷺と雪』の北村薫作品につながる昭和初期を背景にした、ミステリーといっていいのか、生活文学というか・・ かなりステキです。 昭和文化とともに、せつなさや温かみがつたわってくる良作ですね
読了日:09月21日 著者:北村 薫
坂の上の雲〈8〉 (文春文庫)坂の上の雲〈8〉 (文春文庫)
やっと完読! やっぱすごいね。 国家像や人間像を悪玉か善玉かという両極端でしか捉えられないというのは歴史科学のぬきさしならぬ不自由さである。・・・ なるほど一種、科学書なのかもしれない。 ・・・私は坂を登ることができるのだろうか・・・
読了日:09月19日 著者:司馬 遼太郎
月下の恋人 (光文社文庫)月下の恋人 (光文社文庫)
怪談なのか、ええ話なのか、悩むところね
読了日:09月18日 著者:浅田 次郎
坂の上の雲〈7〉 (文春文庫)坂の上の雲〈7〉 (文春文庫)
ついに来たよ、バルチック艦隊
読了日:09月17日 著者:司馬 遼太郎
どんな仕事も楽しくなる3つの物語どんな仕事も楽しくなる3つの物語
とてもすてきな物語でした (涙
読了日:09月16日 著者:福島 正伸
三国志に学ぶビジネス戦略―ピンチをチャンスに変えた成功法三国志に学ぶビジネス戦略―ピンチをチャンスに変えた成功法
三国志の名言はいいけど、あんまりビジネス戦略って感じじゃないなあ
読了日:09月15日 著者:佐藤 浩明,鈴木 健一
老舗の教え老舗の教え
老舗企業が出題される可能性は・・・
読了日:09月15日 著者:神田 良,岩崎 尚人
坂の上の雲〈6〉 (文春文庫)坂の上の雲〈6〉 (文春文庫)
バルチック艦隊、いつ日本に来るんだ・・
読了日:09月14日 著者:司馬 遼太郎
坂の上の雲〈5〉 (文春文庫)坂の上の雲〈5〉 (文春文庫)
あれほどてこずった 203高地が 大将が変わっただけで一日で落ちる物なのか
読了日:09月13日 著者:司馬 遼太郎
坂の上の雲〈4〉 (文春文庫)坂の上の雲〈4〉 (文春文庫)
始まったよ日露戦争 
読了日:09月12日 著者:司馬 遼太郎
坂の上の雲〈3〉 (文春文庫)坂の上の雲〈3〉 (文春文庫)
そろそろ日露な雰囲気 やっぱり子規は逝ったかあ・・ 主人公の一人とは言えない早さだな
読了日:09月11日 著者:司馬 遼太郎
坂の上の雲〈2〉 (文春文庫)坂の上の雲〈2〉 (文春文庫)
まだ日清戦争 正岡子規は最後まで持つのか!?
読了日:09月10日 著者:司馬 遼太郎
坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)
後7冊か・・ いつから日露戦争になるんだ・・
読了日:09月10日 著者:司馬 遼太郎
図書館の神様図書館の神様
「明日から朝練しようよ」 ・・・ 文学部なのに・・ そこら辺が素敵です
読了日:09月08日 著者:瀬尾まいこ
赤い指 (講談社文庫)赤い指 (講談社文庫)
加賀刑事の煮え切らない感じは好きなのだが、なんか、今回は いい人すぎる感じがして、ちょっとだめだった。
読了日:09月04日 著者:東野 圭吾
ナ・バ・テアナ・バ・テア
読了日:08月31日 著者:森 博嗣
自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか (青春文庫)自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか (青春文庫)
読了日:08月27日 著者:岡本 太郎
一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)
読み終わって、怖くて寝れなくなった。 ジュリア!
読了日:08月26日 著者:ジョージ・オーウェル
おいしいコーヒーのいれ方 (2) 僕らの夏 (集英社文庫)おいしいコーヒーのいれ方 (2) 僕らの夏 (集英社文庫)
恥ずかしくて読めない
読了日:08月25日 著者:村山 由佳
切れない糸 (創元推理文庫)切れない糸 (創元推理文庫)
街中のクリーニング屋さんに変えました
読了日:08月23日 著者:坂木 司
おいしいコーヒーのいれ方 (1) キスまでの距離 (集英社文庫)おいしいコーヒーのいれ方 (1) キスまでの距離 (集英社文庫)
さすがに うざい
読了日:08月22日 著者:村山 由佳
仕事は楽しいかね?仕事は楽しいかね?
読了日:08月13日 著者:デイル ドーテン
爆発する太陽電池産業―25兆円市場の現状と未来爆発する太陽電池産業―25兆円市場の現状と未来
読了日:08月08日 著者:和田木 哲哉
V字回復の経営―2年で会社を変えられますか (日経ビジネス人文庫)V字回復の経営―2年で会社を変えられますか (日経ビジネス人文庫)
読んでて巻き込まれた。 熱くなる!
読了日:07月28日 著者:三枝 匡
リレキショ (河出文庫)リレキショ (河出文庫)
個の薄っぺらい関係がステキ
読了日:07月27日 著者:中村 航
螺鈿迷宮 下 (角川文庫)螺鈿迷宮 下 (角川文庫)
ジェネラル・ルージュより先に読むべき本だった
読了日:07月26日 著者:海堂 尊
螺鈿迷宮 上 (角川文庫)螺鈿迷宮 上 (角川文庫)
下巻に続く
読了日:07月26日 著者:海堂 尊
ジェネラル・ルージュの凱旋(下) (宝島社文庫)ジェネラル・ルージュの凱旋(下) (宝島社文庫)
圧倒的な存在感とスピード感がたまらんね
読了日:07月22日 著者:海堂 尊
ジェネラル・ルージュの凱旋(上) (宝島社文庫)ジェネラル・ルージュの凱旋(上) (宝島社文庫)
下巻に続く
読了日:07月22日 著者:海堂 尊
ザ・ファシリテーターザ・ファシリテーター
読了日:07月21日 著者:森 時彦
図解雑学 心理学入門 (図解雑学シリーズ)図解雑学 心理学入門 (図解雑学シリーズ)
読了日:07月19日 著者:久能 徹,松本 桂樹
オトナの片思い (ハルキ文庫)オトナの片思い (ハルキ文庫)
電車の中でこの本のタイトルさらしているのはちょっと、恥ずかしい感じです
読了日:07月19日 著者:石田 衣良,伊藤 たかみ,山田 あかね,三崎 亜記,栗田 有起
砂漠(Jノベル・コレクション) (Jノベル・コレクション)砂漠(Jノベル・コレクション) (Jノベル・コレクション)
読了日:07月13日 著者:伊坂 幸太郎
2009年版 中小企業診断士2次試験 ふぞろいな合格答案 エピソード22009年版 中小企業診断士2次試験 ふぞろいな合格答案 エピソード2
読了日:07月08日 著者:
風に舞いあがるビニールシート (文春文庫)風に舞いあがるビニールシート (文春文庫)
読了日:07月08日 著者:森 絵都
チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600) (宝島社文庫)チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600) (宝島社文庫)
デビュー作なのか・・ すごいなあ キレあります。もちろん、背景や、動機のつめなどの甘さはだいぶあって、不満足感が残る点も多々あります。しかし、魅力的な登場人物が、そこらへんの不満には目をつぶらせてくれますね。
読了日:07月05日 著者:海堂 尊
チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599) (宝島社文庫)チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599) (宝島社文庫)
下巻に続く
読了日:07月05日 著者:海堂 尊
てのひらの闇 (文春文庫)てのひらの闇 (文春文庫)
キレがあるけど、ちょっと安易かな
読了日:06月28日 著者:藤原 伊織
100回泣くこと (小学館文庫)100回泣くこと (小学館文庫)
ベタすぎるのに、涙に負けた
読了日:06月27日 著者:中村 航
名もなき毒名もなき毒
読了日:06月08日 著者:宮部 みゆき
広告革命 米国に吹き荒れるIMC旋風―統合型マーケティングコミュニケーションの理論広告革命 米国に吹き荒れるIMC旋風―統合型マーケティングコミュニケーションの理論
読了日:06月08日 著者:ドン・E. シュルツ,ロバート・F. ロータボーン,スタンレー・I. タネンバーム
コトラーの戦略的マーケティング―いかに市場を創造し、攻略し、支配するかコトラーの戦略的マーケティング―いかに市場を創造し、攻略し、支配するか
読了日:06月08日 著者:フィリップ コトラー
ボーン・コレクター〈上〉 (文春文庫)ボーン・コレクター〈上〉 (文春文庫)
読了日:06月08日 著者:ジェフリー ディーヴァー
1Q84 BOOK 21Q84 BOOK 2
失われたものは戻らない
読了日:06月06日 著者:村上 春樹
1Q84 BOOK 11Q84 BOOK 1
読了日:06月06日 著者:村上 春樹
心霊探偵八雲5  つながる想い (角川文庫 か 51-5)心霊探偵八雲5 つながる想い (角川文庫 か 51-5)
読了日:06月05日 著者:神永 学
心霊探偵八雲4  守るべき想い (角川文庫 か 51-4)心霊探偵八雲4 守るべき想い (角川文庫 か 51-4)
読了日:06月04日 著者:神永 学
心霊探偵八雲3  闇の先にある光 (角川文庫)心霊探偵八雲3 闇の先にある光 (角川文庫)
読了日:06月03日 著者:神永 学
心霊探偵八雲〈2〉魂をつなぐもの心霊探偵八雲〈2〉魂をつなぐもの
読了日:06月02日 著者:神永 学
スーツを脱いだマーケティングスーツを脱いだマーケティング
インタビューさせていただきました
読了日:06月01日 著者:清野 裕司
リエンジニアリング革命―企業を根本から変える業務革新リエンジニアリング革命―企業を根本から変える業務革新
読了日:06月01日 著者:マイケル ハマー,ジェイムズ チャンピー
心霊探偵八雲〈1〉赤い瞳は知っている (角川文庫)心霊探偵八雲〈1〉赤い瞳は知っている (角川文庫)
読了日:06月01日 著者:神永 学
市場を拓くマーケティング・エクササイズ―賑わう市場・売れる商品開発のための物語シナリオ創り入門市場を拓くマーケティング・エクササイズ―賑わう市場・売れる商品開発のための物語シナリオ創り入門
読了日:05月29日 著者:清野 裕司
エンド・ゲーム―常野物語 (集英社文庫)エンド・ゲーム―常野物語 (集英社文庫)
前作までのいい流れが ぶちこわし・・・ 残念
読了日:05月25日 著者:恩田 陸
蒲公英草紙―常野物語 (集英社文庫)蒲公英草紙―常野物語 (集英社文庫)
読了日:05月24日 著者:恩田 陸
光の帝国―常野物語 (集英社文庫)光の帝国―常野物語 (集英社文庫)
これはスゴイ
読了日:05月24日 著者:恩田 陸
実践!PLM戦略 製造業の競争力優位の経営手法 PHPビジネス選書実践!PLM戦略 製造業の競争力優位の経営手法 PHPビジネス選書
読了日:05月22日 著者:山田 太郎,ネクステック
魔術師(イリュージョニスト)〈下〉 (文春文庫)魔術師(イリュージョニスト)〈下〉 (文春文庫)
スピードと魔術においていかれます
読了日:05月21日 著者:ジェフリー ディーヴァー
花まんま (文春文庫)花まんま (文春文庫)
読了日:05月20日 著者:朱川 湊人
魔術師(イリュージョニスト)〈上〉 (文春文庫)魔術師(イリュージョニスト)〈上〉 (文春文庫)
下巻に続く
読了日:05月20日 著者:ジェフリー ディーヴァー
クラウド・コンピューティング ウェブ2.0の先にくるもの (朝日新書)クラウド・コンピューティング ウェブ2.0の先にくるもの (朝日新書)
読了日:05月19日 著者:西田 宗千佳
最強のコスト削減―いかなる経営環境でも利益を創出する経営体質への変革最強のコスト削減―いかなる経営環境でも利益を創出する経営体質への変革
読了日:05月19日 著者:栗谷 仁,A.T.カーニー
テロリストのパラソル (講談社文庫)テロリストのパラソル (講談社文庫)
読了日:05月15日 著者:藤原 伊織
私が語りはじめた彼は (新潮文庫)私が語りはじめた彼は (新潮文庫)
心地よい距離感がある一方で、複雑に絡み合う糸があまりないのが、少し物足りない
読了日:05月14日 著者:三浦 しをん
むかしのはなし (幻冬舎文庫)むかしのはなし (幻冬舎文庫)
心地よい距離感がある一方で、複雑に絡み合う糸があまりないのが、
読了日:05月10日 著者:三浦 しをん
愚行録 (創元推理文庫)愚行録 (創元推理文庫)
読了日:05月08日 著者:貫井 徳郎
オーデュボンの祈り (新潮文庫)オーデュボンの祈り (新潮文庫)
読了日:05月08日 著者:伊坂 幸太郎
まひるの月を追いかけて (文春文庫)まひるの月を追いかけて (文春文庫)
読了日:05月08日 著者:恩田 陸
まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)
読了日:05月08日 著者:三浦 しをん
図解入門ビジネス 最新 企業価値評価の基本と仕組みがよーくわかる本 (How‐nual Visual Guide Book)図解入門ビジネス 最新 企業価値評価の基本と仕組みがよーくわかる本 (How‐nual Visual Guide Book)
読了日:05月08日 著者:バリュークリエイト
ラッシュライフ (新潮文庫)ラッシュライフ (新潮文庫)
読了日:05月05日 著者:伊坂 幸太郎
宇宙のみなしご (フォア文庫)宇宙のみなしご (フォア文庫)
屋根に上ると、何か解決できそうな気がする。
読了日:05月05日 著者:森 絵都,杉田 比呂美
タイタニア 3 旋風篇 (3) (講談社文庫 た 56-40)タイタニア 3 旋風篇 (3) (講談社文庫 た 56-40)
生きてる主人公が死んじゃってるよ
読了日:05月04日 著者:田中 芳樹
戦略プロフェッショナル―シェア逆転の企業変革ドラマ (日経ビジネス人文庫)戦略プロフェッショナル―シェア逆転の企業変革ドラマ (日経ビジネス人文庫)
読了日:05月03日 著者:三枝 匡
タイタニア〈2〉暴風篇 (講談社文庫)タイタニア〈2〉暴風篇 (講談社文庫)
読了日:05月02日 著者:田中 芳樹
タイタニア 1 疾風篇 (1) (講談社文庫 た 56-38)タイタニア 1 疾風篇 (1) (講談社文庫 た 56-38)
読了日:05月01日 著者:田中 芳樹
レタス・フライ (講談社文庫)レタス・フライ (講談社文庫)
西之園萌絵が出てくるだけで中途半端かな
読了日:04月28日 著者:森 博嗣
ネガティブを愛する生き方 光と闇の法則ネガティブを愛する生き方 光と闇の法則
ポジとネガ 裏と表でなくても 表裏一体 ジャケ買いだったが、救われる本だと思う
読了日:04月26日 著者:伊藤 美海
終末のフール終末のフール
この退廃感がたまらない そしてその中の希望
読了日:04月26日 著者:伊坂 幸太郎
心の操縦術 (PHP文庫)心の操縦術 (PHP文庫)
読了日:04月08日 著者:苫米地 英人
ソー・ザップ! (角川文庫)ソー・ザップ! (角川文庫)
ちょっと 設定に無理があるな
読了日:04月06日 著者:稲見 一良
永遠の出口 (集英社文庫(日本))永遠の出口 (集英社文庫(日本))
私は「永遠」という言葉にめっぽう弱い子供だった
読了日:04月05日 著者:森 絵都
永遠の仔〈5〉言葉 (幻冬舎文庫)永遠の仔〈5〉言葉 (幻冬舎文庫)
かなり、読むのは苦しかった。子供もいない私でも、親の子供の対する影響を考えてしまう
読了日:04月01日 著者:天童 荒太
永遠の仔〈4〉抱擁 (幻冬舎文庫)永遠の仔〈4〉抱擁 (幻冬舎文庫)
読了日:04月01日 著者:天童 荒太
永遠の仔〈3〉告白 (幻冬舎文庫)永遠の仔〈3〉告白 (幻冬舎文庫)
読了日:04月01日 著者:天童 荒太
永遠の仔〈2〉秘密 (幻冬舎文庫)永遠の仔〈2〉秘密 (幻冬舎文庫)
読了日:04月01日 著者:天童 荒太
永遠の仔〈1〉再会 (幻冬舎文庫)永遠の仔〈1〉再会 (幻冬舎文庫)
読了日:04月01日 著者:天童 荒太
チャイルド44 下巻 (新潮文庫)チャイルド44 下巻 (新潮文庫)
2009年版 このミステリーがすごい 第1位 ミステリーの定義が難しいね
読了日:03月23日 著者:トム・ロブ スミス
チャイルド44 上巻 (新潮文庫)チャイルド44 上巻 (新潮文庫)
読了日:03月23日 著者:トム・ロブ スミス
向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)
少年探偵ミステリーかと思いきや、2転、3転、4転・・・ 趣向凝らしすぎたかもしれない
読了日:03月22日 著者:道尾 秀介
Story Seller (新潮文庫)Story Seller (新潮文庫)
プロトンの中の孤独」近藤史恵が一番良かった
読了日:03月11日 著者:
21世紀の国富論21世紀の国富論
読了日:03月08日 著者:原 丈人
男は旗 (光文社文庫 い 39-3)男は旗 (光文社文庫 い 39-3)
読了日:03月07日 著者:稲見 一良
ウォッチメイカーウォッチメイカー
読了日:02月21日 著者:ジェフリー ディーヴァー
つきのふね (角川文庫)つきのふね (角川文庫)
読了日:02月20日 著者:森 絵都
スカイ・イクリプススカイ・イクリプス
理解できてなくても、あまりの美しさ、退廃さ、あきらめ、そして未来への光・・ なんだかやっぱりスゴイ
読了日:02月11日 著者:森 博嗣
スカイ・クロラスカイ・クロラ
読了日:02月08日 著者:森 博嗣
夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)
読了日:02月08日 著者:森見 登美彦
ウチのシステムはなぜ使えない SEとユーザの失敗学ウチのシステムはなぜ使えない SEとユーザの失敗学
そのとおりですね
読了日:02月02日 著者:岡嶋 裕史
ボーン・コレクター〈下〉 (文春文庫)ボーン・コレクター〈下〉 (文春文庫)
読了日:02月01日 著者:ジェフリー ディーヴァー
センセイの鞄 (文春文庫)センセイの鞄 (文春文庫)
ちょっときもい
読了日:02月01日 著者:川上 弘美
君たちに明日はない (新潮文庫)君たちに明日はない (新潮文庫)
読了日:01月26日 著者:垣根 涼介
安徳天皇漂海記 (中公文庫)安徳天皇漂海記 (中公文庫)
読了日:01月26日 著者:宇月原 晴明
邂逅の森 (文春文庫)邂逅の森 (文春文庫)
ちょっとえぐい
読了日:01月22日 著者:熊谷 達也
転職は1億円損をする (角川oneテーマ21)転職は1億円損をする (角川oneテーマ21)
読了日:01月08日 著者:石渡 嶺司
ぼくと、ぼくらの夏 新装版 (文春文庫 ひ 7-5)ぼくと、ぼくらの夏 新装版 (文春文庫 ひ 7-5)
読了日:01月03日 著者:樋口 有介
風少女 (創元推理文庫 M ひ 3-5)風少女 (創元推理文庫 M ひ 3-5)
読了日:01月03日 著者:樋口 有介
ゴールデンスランバーゴールデンスランバー
読了日:01月01日 著者:伊坂 幸太郎

読書メーター
スポンサーサイト

| 読書日記 | 15時41分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://london3.blog81.fc2.com/tb.php/1088-004a2ba0

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。