PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

黒と茶の幻想(142-3)

2009年 142-143冊目

 12/8は、
 ジョンレノンの命日、太平洋戦争のスタート日。
  今日は平和のために、ビートルズを聴こう。

 オノ・ヨーコ「レノン命日」に23年ぶり著書
 http://news.mag2.com/entertainment/28369/detail
  今更何を語るんだろうと言う感も否めませんが・・・


で、

黒と茶の幻想  恩田陸  3.8点

不思議な本だった。
4人が順番に心の中を吐露していく。
絡み合う、もつれ合うのが定番だが、なかなかクロスオーバーしてこない。

ちょっとイライラする。

何か起きそうで、何も起きてこない。

原生林の森の中の重い空気、ストーリーにも反映され、
 何か引っかかる、何かおかしい ・・・ ような 気がする。

恩田陸作品でなければ、ちょっと、怒っていたかもしれないが、
 やはり、一つ一つの逸話に 深みがあり、やっぱり不思議な作品だなと。



『麦の海に沈む果実』からの憂理のクロスオーバーがあったので、
こちらも再読してみないとね。



--Amazonより
雨の音を聞きながら、静かな森の中を進んでいく大学時代の同窓生たち。元恋人も含む四人の関係は、何気ない会話にも微妙な陰翳をにじませる。一人芝居を披露したあと永遠に姿を消した憂理は既に死んでいた。全員を巻き込んだ一夜の真相とは?太古の杉に伝説の桜の木。巨樹の森で展開する渾身の最高長編。


ぜひ、1日1回の励ましのクリックを!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村:中小企業診断士


スポンサーサイト

| 恩田陸 | 09時30分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://london3.blog81.fc2.com/tb.php/1033-63094143

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。