2012年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

NAVERまとめで、初めてまとめてみた

中小企業金融円滑化法最終延長の歴史を記事を追いながらがまとめ・・というかコピペしてみました。

スポンサーサイト

| 独立診断士への道 | 18時56分 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

Yahooトピックに興味がわかない理由がわかった


わたしは、検索もYahooは使ってないし、ニュースを見るのにYahooトピックスをみることもありません。
もちろん、もともと使っていなかったわけではなく、いまいちあわないから使わなくなったわけで。

以下の本を読んで、自分に合わない理由がわかりました。
Yahoo.jpg

新聞記者出身の人が、いまだ自分たちのことを記者と考えて、
国民どもに、読ますべきニュースを選んでやっている。


そんなトーンがにじんでました。
(もちろん、そんな文面で書いていたわけではないですよ)

アクセス数が多いものばかり並べると芸能とかスポーツが中心になるから
社会的なものを、あえて選んでいると。


--引用----
「Yahooトピックスが掲載された記事は、取材をしないでアメリカ現地の報道をそのまま日本語にしただけなのですよ。わたしたちはきちんと取材をしてそのことを書いているのです。それなのになぜYahooトピックスさんは取材をしてない方の記事を取り上げるのですか?」と疑問を投げかけてきました。
この言葉に頭を殴られたような気がしました。
------------

なぜ、Yahooトピックスは頭を殴られた気がしたのでしょうか?
単純に、アメリカの日本語訳の記事の方が、取材して手間ひまかけた記事より
読みやすく、興味を引く内容だったとは考えられないのでしょうか。

自分たちが記者として神の信託を提示していると思っているであろう
紙の新聞と同じ思考で、Yahooトピックスを作っているというのにはちょっとがっかりしました。

まあ、だから、わたしはYahooトピックスを使わないんでしょうね。





でも、ひと月のページビューは45億。
まだまだ新聞という旧メディアから離れられない情弱人口が多いから
需要があるんだなあと感じた次第です。

以上、Yahooトピックに負けないくらい、上から目線の投稿でした('0'*)ゞ


| ビジネス書日記 | 00時52分 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

今後の事業再生の在り方~金融円滑化法の最終延長を受けて

金融庁から
『「中小企業金融円滑化法の最終延長を踏まえた中小企業の経営支援のための政策パッケージ」を策定しました』
http://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/2012/0420Enkatsu-encho.htm
 が発表されました。

金融円滑化法がもう来年は伸びない!
だから、なんらかの出口戦略を立てなければならない!

個社ごとに状況は違い、個社ごとの対策は考えないといけない。

とはいえ、全体としての方向性や、個別対策の在り方は金融庁から示してほしいところです。

そして、その全体としての方向性がこれです。
 (画像をクリックすると大きい画像が開きます)
jigyousaisei_20120421005451.jpg

画像のタイトルを見てみると、
連携の強化

なんとか、強化とかって、どう強化することを述べることが重要だと思う。

そうすると、以下の3つの策をやるということだろうか。

・ 中小企業の支援の手法等に係る改善や指針等の策定
・ 協議会と機構の案件の相互仲介ルールの策定
・ 協議会や金融機関に対する専門人材の紹介体制の構築

 読んでみても、よくわからない。具体性にかけてや、いないか?
 
 そして、上記を支えるために、以下のことをやる。

・企画・業務統括機能の強化
・中小企業の実態に合わせた支援基準の見直し
・中小企業支援の専門人材の拡充
・協議会との連携窓口の設置

 強化、見直し、拡充・・・ あんまり変わらないということかな。

 
そんな中、唯一具体的かなと感じたのは、
 案件の処理期間の大幅短縮化
  短期で答えを出すということですね。

 そのために。連携窓口を設置したり、色んな事を強化するということか。

 資料を読んだ結論としては、

 期限が決まったため、あわてて結論を出すために、
 専門家などの人の数とかを増強するという理解でいいのかな。
 




ちょうど、今日、この本を読んだ。


なぜ、太平洋戦争で日本が敗れたか?
それは、日本には「精鋭がいなかったから」というのが論旨だと思う。

精神的な精鋭とか、技術的なすばらしさは、役に立たない。
戦争に勝つための精鋭とは何かを取り違え、
精神だけを鍛えた兵士の数だけを増やし、武器や装備は整えなかった。

その結果が、必敗だった。




金融円滑化法の期限が切れるから、
とりあえず、人増やそうというだけの対策では
結果は太平洋戦争と同じになるのではないか。



| 独立診断士への道 | 01時11分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ふぞろいの歴史と体系図

Twitterで、ふぞろいって色々、シリーズがあって、
どれを購入していいかわかりにくいとのご指摘を受けました。
そこで、今までの、ふぞろいシリーズの体系をまとめてみました。

fuzoroitaikei.jpg

実は、ふぞろいの前は、80分間の真実のという名前でした。(出版社が異なりました)
H19の本試験分析から、同友館さんから出版していただき、
ふぞろいシリーズになりました。

ふぞろいシリーズは、みなさんのご愛顧もあって、
現在でも品切れが続いている刊もあります。
そこで、総集編として、
ふぞろいな答案分析ふぞろいな再現答案が出版されました。

ふぞろいな答案分析は、答案を分析して、ランキングなどを掲載したものです。
ふぞろいな再現答案は、受験生の生の答案や、解答プロセスを掲載したものです。

そして今年、
5月に ふぞろいな中小企業診断士
6月に ふぞろいな合格答案5
 が出版されます。



さて、どれを買えばいいのという質問に対しては、中々回答が難しいです。
全部!ってわけにはいきませんよね(^^;


もし、1冊だけ買うなら、やはり、ふぞろい5ではないかと思います。
やはり、試験対策上、いちばん直近の過去問の重要性は高いです。
一番直近の試験傾向に対応しているからです。

ただ、発売は、6月・・半ばくらいになるでしょう。

そこで、今買うとしたら、ふぞろいな答案分析かなと思います。
何より、3年分のっている。
そして、再現答案はどちらかというと”生”にこだわりましたが、
ふぞろいな答案分析の方は、3年分の分析結果が確認できます。




さらにというと、
ふぞろいな中小企業診断士
注意してほしいのは、これだけは、受験対策本ではありません。

診断士って何?という 受験生前の方
診断士勉強中に道に迷いそうになっている、 受験生の方
診断士は取ったものの、何したらいいの?という 診断士の方
 にお勧めしたい1冊です。

ということで、
このシリーズ、初めて、もう、8年目になります。
ここまで、続けられたのは、本当に読者の皆様のご支持が
あったおかげだと思います。

そして、これからもよろしくお願いいたします!

| ふぞろいな合格答案 | 07時00分 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

経済情勢1~ミャンマー情報(3)

たまたま、中国企業の、ミャンマーでの展示かが開催されおり、のぞきに行って来ました。

入り口から、赤い絨毯で、気合十分ですね。

ミャンマー展示会

しかし、中にはいってみると、閑散としていました。
展示物も、お菓子から、何だか大きな機械装置まで雑多に並べられていました。
とりあえず、展示会出展というのは、よくあることですが、
どうせ出展するなら、もう少し工夫することがあるんだろうなあという印象です。

ミャンマー展示会2 ミャンマー展示会3

 やはり、暇なのか、右下のブースの女性は、ぐっすりですね。

ミャンマー展示会4 ミャンマー展示会5

Please! 1click/1Day
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村


| 普通の日記 | 07時02分 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

政治情勢2~ミャンマー情報(2)

 ヤンゴンにまして、マンダレーでは、選挙の模様はほとんど伺えませんでした。
 (マンダレーは、1800年代の、最後の王都でした。)

 ヤンゴンでは禁止されていたバイクや自転車が、マンダレーでは利用可のため、バイクにNLDの赤いステッカーを貼っている人は多かったですが、演説や集会はほとんど見受けられませんでした。

 約3日の滞在で、一度だけ、赤いバイク集団とすれ違いました。
マンダレー選挙1

   

とはいえ、隊列の人々も、選挙を争っているというより、選挙を楽しんでいるように見えました。
 選挙当日に、マンダレーのセドナホテルのフロントの人に、選挙結果はいつわかるんだ?と聞くと、「知らない」という回答だったのが、印象的です。
 また、マンダレー近郊のインワや、ザガインでは、ほとんど選挙の様子はなく、投票に行っているのか心配にはなりました。(補欠選挙の選挙区だったか否かは把握できていません)

 とはいえ、選挙がおわり、45議席中、40議席をNLDが占める事がわかると、現地の新聞は、選挙一色でした。やはり、どこの国でも、マスコミの報道は似たようなものなのでしょう。

マンダレー選挙2
 

 今回の選挙は適正に行われたとの見方が体制をしめており、民主化の第一歩への報酬として、アメリカも経済制裁を解除する方向に向かうようです。


ミャンマー、経済制裁緩和手続き開始へ クリントン国務長官(2012/4/5日経新聞記事より)
http://s.nikkei.com/HiXidv
・大使の任命・米国への渡航ビザ発給緩和などを数週間以内に実施。
・米国からの新規投資規制などの経済制裁措置についても緩和に向けた手続きを始める。

Please! 1click/1Day
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村


| 普通の日記 | 07時02分 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

政治情勢1~ミャンマー情報(1)

 日本のマスコミやCNNを見る限り、2012年4月のミャンマーは、選挙一色かのような報道でした。現地に行くまでは、選挙戦一色で、街が赤くなっているのではないかと思いましたが、そのようなことはありませんでした。

 ヤンゴンには、アウン・サン・スー・チーさんが軟禁されていた自宅もあり、その周辺での赤い旗や、ステッカーを貼った車が目立ちました。近所にあった選挙事務所は、スー・チーさんのグッズ売り場と化していました。

 しかし、特に、街頭演説があるわけでもなく、シュプレヒコールがあるわけでもなく、
 いたって、平静な感じでした。

※ヤンゴンは、2006年までの、ミャンマーの首都でした。

スー・チー事務所1

NLDに入会した私!  (ウソデス)
スー・チー事務所2

選挙事務所前にて
スー・チー事務所3


 しかし、そこを過ぎると、選挙の気配は急になくなりました。
 とはいえ、選挙当日の夜、スー・チーさんの当選が発表されると、夜中までパレードをしている集団もいたそうです。


 民主政党・国民民主連盟(NLD)を率いるアウン・サン・スー・チーさんも66才となり、今後、何十年も政治を引っ張っていける年齢ではありません。
 しかし、スー・チーさんの片腕や後継者は見当たらなく、当面は、スー・チーさん頼みが続くようです。

Please! 1click/1Day
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

| 普通の日記 | 06時55分 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

変わり種SNS


●非モテSNS
 キャッチフレーズは、
 「モテない人が集まって傷を舐めあったりするコミュニティ」
http://himote.in/login/index.html
 彼女、彼氏ができたら、卒業です。

●非モテSNS+
http://plus.himote.in/feed/all
 持てないんだけど、彼氏、彼女がいても、利用できるらしい。

Facebookで、薄っぺらいポジティブトークに疲れたけど、
2chに行くのも、もっと疲れる人には、
ちょうどいい空間なのかもしれませんね。  ・・・え、俺?


●ヤンラブSNS
http://yanlove.jp/
 やんだ人ではない。
 ヤンキーLOVEなSNS


昨日、少人数SNSを紹介しましたが、
http://london3.blog81.fc2.com/blog-entry-1504.html
 なんと、究極の少人数・・・
 
 お一人さま!

●お一人さま用SNS
http://self.dj/

 1人遊び専門という変わり種SNS「セルフSNS」が登場した。「参加者同士がコミュニケーションの輪を広げるSNS本来の主旨を大幅に逸脱」し、「自分の中だけの妄想や空想、独り言や妄言、夢や憧れ、1人遊び、個人単位での創作活動などに特化した、斬新なSNS」という。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0904/15/news054.html

 これは、登録せねば!

| IT | 08時22分 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

特殊なお客様?~スルガ銀・IBM裁判2~ニュースまとめ

 駿河銀 VS IBMの、判決後の振り返り記事がそろそろ出てきたので、追記(4/13)

●裁判後の振り返り記事

2012/4/11 スルガ銀-IBM裁判判決、あなたはどう見る?

2012/4/12 スルガ銀が事実上の全面勝訴 IBMの責任認めた判決の深層


このTwitterまとめも、わかりやすいですね。ちょっとIBMに厳しい気もするけど。
@tsuchie88さんによるスルガ銀行vs日本IBM裁判のまとめ


IBMの「不法行為」を認定
 不法なんだ。。。

新しく導入するパッケージを、初めて入れるお客様は
赤字でもやりきって、それから、他企業にテンプレートとして販売して費用を回収する。 
 って作戦は、よく立てられるけど、ほとんど、失敗していると思う。

 テンプレート化 自体は、 通常に開発するより手間もコストもかかるわけで、
 実際のプロジェクトのQCDを達成するというプロジェクトマネジメントとは対立することが多い。

 まあ、今回は、そこまで行かなかったわけだけど、
 赤字をかぶる気は捨てたので、ケツまくって、逃げたけど、逃げきれなかったという感じなのだろうか。
 

ただ、納得いかないのは、このあたり。

・スルガ銀は今回の裁判で、最終合意書をもって
「完成したシステムに対し代金を支払う一括請負契約だ」と主張。


・これに対して日本IBMは、
「開発局面ごとの個別契約は履行している。契約上の義務は果たした」と主張。


 もちろん、契約書は見れないので、事実はわからないけど、
 SIerは、リスクを小さくするために、できるだけ、期間を短くして、金額も小さくして
 細切れ単位で契約を結びたいものだ。

 企画フェーズの契約、要件定義の契約、基本設計の契約、詳細設計の契約・・・

 そして、1個1個の契約単位で、確実に、お客様から承認印をもらい、
 次のステップに進んでいく。
 きっと、IBMもそうしていただろう。

 そんな積み重ねが、途中で、ひっくり返ったとしても、
 途中までの契約は完了しているから、そもそも賠償を要求する云われはないはず。

 でも、複数の契約をざくっとまとめて、一括請負で、完成責任だ!といわれると、
 契約書の立つ瀬が無い気がする。


 よっぽど、IBMの法廷戦略がだめだったのか?
 本当に、IBMがほぼ全額を負担しないといけないほどだめだったのか?

 まだまだ、続報を待ちたいですね。
 でも、上告したし、色々情報が出てくるのは、まだまだ先かな。。



しかし、弁護士は、法定でガッツポーズとかするもんなんだ。。。
「スルガ銀行側の弁護士は小さくガッツポーズを見せた。」




 (以前の記事)
この2社のやりとりの内容は把握できていませんが、
こういった裁判って、正直、お客様側に難ありだと想像していました。
 (顧客思考不足してるかもね(^^;)

それだけに、74億円もの賠償命令というのはショッキングですね。
本当に、IBMに本当に非がそれだけあったのか、
問題プロジェクトになった時点で、
非があったことは間違いないとは思いますが、
これだけ多くの金額を背負わされるほどの非があったのか?
そして、銀行側の非はそんなに少なかったのか?

過去の記事、これからの記事をウォッチしていきたいと思います。

自分のメモ的位置づけブログです。




●判決記事
2012/3/29
・日経Pro
[速報]スルガ銀-IBM裁判、日本IBMに74億円超の賠償命令

・日経新聞
スルガ銀・IBM裁判、日本IBMに74億円超の賠償命令




●裁判前の記事

・2008年3月
スルガ銀が日本IBMを提訴、システム開発の債務不履行による損害など111億円超を賠償請求

・2008年4月
スルガ銀行と日本IBMのシステム開発失敗を巡る裁判がスタート

・2008年4月
スルガ銀と日本IBMの「動かないコンピュータ」裁判の訴状内容が判明、要件定義を3回繰り返す


・2010年6月
「改変を強要された」、スルガ銀-IBM裁判で日本IBM副会長

・2010年6月
「日本IBM副会長の証言は失当だ」、スルガ銀裁判に関してJTBのIT部門長が反論
  なぜ、他社のユーザ側IT部門からコメントが・・・
   銀行から言えとかいわれたのかと、穿った見方をしちゃいますね。


・2010年7月
スルガ銀-IBM裁判、終盤戦へ

“スルガ銀-IBM裁判”を振り返る

| IT | 12時09分 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

少人数のソーシャルメディアへ


Twitterのフォロワー数は5000を超えていましたが、最近Twitterの利用頻度は下がりました。
すっかり、Facebook中心になっていますが、Facebookも700人近くの友達数になり、
リストもろくに整理していないので、疲れた気分になります。

友達の人数が多くなりすぎると、自分の当初考えていた使い方が
できなくなったりして、だんだん、ログイン回数も減ってしまうということが
あるのではないでしょうか?

そのため、最近は、以下に紹介するような少人数ソーシャルメディアが注目されています。

Facebookにあげようかと思った写真も、最近思いとどまることもあったのですが、
こういった本当に少人数の仲良しだけでネットワーク形成されて
いるといいんだろうなと思います。


もちろん、Twitterであれ、Facebookであれ、
しっかり設定をして、セキュリティをかければ、少人数として利用できますが
結局、その設定や整理が面倒くさくなってしまうんですよね。
だから、こういった少人数ソーシャルメディアにも今後はチャンスがあるんでしょうね!

●PATH https://path.com/
 当初は、50人までしか、友だち登録できませんでした。
 今は、250人になったようです。

Path - Introducing Path 2 from Path on Vimeo.




●Between http://www.vcnc.co.kr/
 2人だけのソーシャルメディア。
 相手の電話番号入れて、お互い認証するので、
 相手がいないと試せません。(><
between.jpg

 さて、誰と使おうか・・・

| IT | 08時37分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。