2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

本を読む!

去年はたくさんの読書感想文を書きなぐった。
去年158冊ということは、上下巻や8巻ものもあったとしても、読書感想文で100回以上はブログを書いてた。
ちょっと疲れた。

なので、今月は1冊も読書感想文を書かなかった。
それでも去年よりはじっくりと味わいながら読書するように心がけています。
よって、今年は、良かった本だけ長めに紹介して、
残りは、読書メーターの短文感想を貼り付けることにします。

この前、tiara女王と本に関する打合せをして、「本当の本好きはアフィリエトなんかつけない!」と説教したが、
1週間もたたないうちに、禁をやぶって、アフィリエイトもつけてみた。

----------------------------

   

今年、第1号の本紹介は、米澤 穂信 さんの〈小市民〉シリーズ
ライトノベルなんて、読まないと思っていた。
「軽い小説」といった意味の蔑称で、私はライトノベルを捉えていたのかもしれない。

ライトノベルには、明確な定義はなく、代表的な定義は以下のようなものである。
「アニメ・漫画調のイラストが表紙・挿絵としてついているティーン向けのエンターテイメント小説のこと。」

ということで、本作シリーズは、以下の写真のように、
アニメなイラストの表紙で、軽そうだけど、決して軽くない。
既に4冊だし、最後の冬限定までいくと、6冊になるのではないか?
量だけでなく、中身も、薄っぺらくない。


小市民の振りを目指す、小鳩君と小佐内さん。
ふたりは実は
 したり顔で謎を解くのが好きな「狐」の小鳩くん と
 復讐に蜜の香りを見出す「狼」の小佐内さんであった。
  そういった自分から脱却するために、二人で「互恵関係」を結び、
   お互いが暴走しないように、他人からは盾となるように、付き合っている振りをする。

 このまどろっこしい設定が面白い。

 こういう時は、小市民はどう行動するのだろうと考えるのだが、ついつい思想は暴走している。
 コミカルなように見えるし、ヒトも死なない。一見青春ミステリーなのだが。

さらに、見ての通り、タイトルはスイーツの名がラインナップしている。
 しかし、作品ハ、甘くないむしろ ビターな風味
  小市民の皮を脱いで、狼の本性を出した時の小佐内さんには、毎度震撼させられる。
   こ、、怖い。。。 そして、好きだ。こういう人。

 能力はあるに違いないが、自意識過剰な二人が、最終的にはどうエンディングを迎えるのか
 興味は付きない。

 
しかし、ライトノベルじゃないといいましたが、1冊2時間もあれば読み終えられるので、
軽くすっきりしたい方はぜひお試しあれ。
 春は、無難だけど、 夏は 震撼した。 そして、秋に 愛憎いりまじり、さらにキレを増し、
 冬はどうなるのだろう。卒業の時がやってくる。


そういえば、先日の新井中小企業協会長の、セミナーの中でも、「互恵」が重要という話がでたな。






にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村:中小企業診断士



スポンサーサイト

| 読書日記 | 23時15分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アップルiPadが嫌な8つのこと

アップルiPadが嫌な8つのこと
http://news.livedoor.com/article/detail/4573218/

賛成・賞賛派がいれば、
 もちろん、反対・ブーイング派もいる。

多様性ってやつですね。

・大きすぎる
  →利用シーンしだいですね。

・マルチタスクじゃない
  →まじ!? これは あかんやろ。。 iPhoneならまだしも。

・カメラ非搭載
  →まじ!? これは あかんやろ。。 
   と思ったけど、Padでカメラ使うこともないか。 
   TV電話したいときにちょっと残念だけど、今でもやらないし。

・タッチキーボード
  →うってみないと わからんね。

・HDMI端子無し

・iPadという名前
  → まあ、統一ブランド戦略だわな。

・Adobe Flash非対応
  →iPhoneと一緒だけど、これは戦術的なものだから、言ってもせん無しか。

・アダプター
  →何つないだらいいのか、まだ利用シーンが浮かばす。

 日本で、どっかで触れるところはないのだろうか。。
  やっぱり、まずは APPLEショップかなあ。


にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村:中小企業診断士

| IT | 12時55分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あいぱっど

              【赤字は随時追記】
------------------------------
アップル、タブレット型モデル『iPad』を発表
http://ipodtouchlab.com/

iPad.jpg

・3月下旬発売(米国)
・$499っか。
・結構、サイズおおきいな。何インチだ!? 9.7インチですね。
・バッテリーは、WiFiでWEBしてて、10時間か。
Built-in 25Whr rechargeable lithium-polymer battery
Up to 10 hours of surfing the web on Wi-Fi, watching video, or listening to music
・ディスクは、16GB, 32GB, or 64GB flash drive

ネットワークはWi-Fi (802.11n)のみのモデルと、Wi-Fi&3Gを登載したモデルを設定。
iPodTouch と iPhone と同じかね。。

・やっぱりキラーアプリで日本語の本が読めるようになれば、
 爆発ヒットするのになああ。Kidleの方が先か?
 日本の出版界がつぶれるのが先か。。


日本での発売予定は、今後発表か。。
 
 ほ、ほしい。。

ipad2.jpg


胸に入れると大きくなります。
 
 と、つぶやいている人がいた(^^;



にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村:中小企業診断士

| 普通の日記 | 08時29分 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

システム工程と自分の強み弱み

会社の中では、営業や商品企画やスタッフ部門の期間もあったので、
私のシステム開発経験はそれほど長くなく、5-6年といったところです。
その中で、現在の自分の状況を振り返ってみました。

以下の図表の通り、システム化の工程は以下のように区切られます。
(もちろん、会社によって異なると思いますが)

koutei.jpg


①最初は、作る内容が決まった後に、作ったり細かな試験をし、
②徐々に、作る内容を決めるところになり、
 試験も全体的な観点での実施が求められます。
③そのうち、設計が始まる前のシステムコンサルや
 構築後の業務定着化支援などをやることになります。

③何がしたいのか? ②何を作りたいのか? ①どう作りたいのか?

私は、割と年取ってから開発担当になったので、
①はすっとばして、②をやり、③をやったりすることが多かったです。

で、翻って、今の自分の状況を確認すると、

【弱み】
診断士が皆集まって、色んなアイデアだしや構想を立ててる段階においては、
自分の構想力のなさや、アイデア出しの弱さを感じることがあります。
皆どこから湧いてくるんだろうと・・・

構想やアイデア出しというと、単に思いつきということもありますが、
やはり私の周りの皆さんは、現在の状況や、社会状況など、色んな項目が
神経網をかけめぐって繋がり、創出されているんだなと感じることの方が多いです。
 ⇒会社で④の工程をあまり実施してこれなかったのが一因かなと思ったりもします。

さらに、細かなミスを繰り返すことも多く、
後半になると注意力散漫になることが多かったりもします。
 ⇒会社で①の工程を実施しなかったのが一因かなと思ったりもします。

【強み】
その分と言ってはなんですが、なんとなく形が見えたものを、
さらにリアルに形作るところは、多少なりとも強かったりするのかと思います。

また、スケジュールを作ったり、管理していくところも
割としっかりできている気もします。
 →会社の中では、そうでない気がしていたのですが、
  診断士の中では、多少なりとも強かったりするのかと思います。
   (決して、いい加減な人が多いという意味ではないです (^^;
 ⇒会社で②③の工程を沢山実施してきたのが、一因かなと思ったりもします。


では、今後どうするのか?
私も含めてIT業界の方の診断士志望動機は、上流へいかに移行していくか!
そのために経営の話を身につけたい!ということが多かったと思います。
かと言って、知識を身につけただけでは、大規模ITの超上流に進化するのも難しいなと思うこの頃です。

やはりITというより、診断士業務としての構想力を身につけたいですね。
いつも物事に対する感受性を高め、感じて受けるだけでなく、
1回1回立ち止まって、考えることを習慣化できればなと思っています。
すぐ、ポイポイ進んで行っちゃうので、いかに立ち留まるか。
去年は本を158冊読みましたが、どうしても量に目がいっており、
果たして、それだけ読んだだけの効果を出せたのかと悩むところもあります。
読書に関しても良書をじっくり読むようにしていきたいですね。

その一方で、細かなミスをなくせるように、注意力を高めたいですが、
これは自分の場合は体力の重要性も感じています。
 疲れてきた時に、もう一度、ネジを蒔き直せる力も持ちたいところです。

長文ブログ書いて疲れてきました。
ゆるさも忘れないようしたいです。

まあ、そんな感じです。
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村中小企業診断士

| IT | 09時00分 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

脅迫状が作れます

テキストをスタイリッシュな画像に変換『TYPOGRAFFIT
http://iphonewalker.net/2010/01/10101.html

iPhoneとWEBの両方で使えるサービスです。
テキスト入力すると、様々なパターンの画像に変換してくれる。 
これはいろんなところで利用シーンがありそう!

プレゼンなどにも使ってしまいそう


●ロンドン3 ヒトリダチへのミチ
 と、入力して、変換ボタンを押すと・・・

london3.jpg



●オタクの娘は預かった 返して欲しければ、中小企業会館まで
 ↓逆立ちで来ること↓ 犯人


 と、入力して、変換ボタンを押すと・・・

hannnin.jpg

●タグを使うと文字以外も入れられる
<入力イメージ>
[のし札]
寿

[のし紐]


[bob]

<結果>

bob.jpg



スゲー
Web2.0バンザーイ イミフメイ

コーマシャライザーを使ったとき以来のビックりです。

そんな感じで。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村中小企業診断士

| 独立診断士への道 | 12時14分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

多様性

実践診断士の会1月定例会+オープンセミナー
『中小企業診断士の活き方は多様であるべき』は、
中小企業診断協会会長 新井信裕先生を迎えて、盛況に終えることができました。
ご参加頂いた皆様ありがとうございました。

---

セミナーとあまり関係ありませんが、
多様性とは・・・なんだろうと改めて考えさせられました。

wikiでは「多様性とは、幅広く性質の異なるものが存在すること」

生物学的には、特に遺伝子的には、
どの遺伝子が有益あるかを常に立証することはできないので、
多様性保全のための最良の選択はできるだけ多くの遺伝子を残すことだとされている。
 ただ、この説にも多様性があるので、これだけと言うわけではない。

一世を風靡した、「リング」
ring.jpg
実は、続きがあって、 「リング」 「ラセン」 「ループ」の三部作になっている。 

「ループ」は、結構ひどいストーリーで、すっかりホラーで無くなっているけど、
一大ファンタジーとも言える。

実は、貞子は、がん細胞であった。
山村貞子が生きる世界は、実は現実世界の様々なシミュレーションを行うために、
巨大なコンピュータ内に現実と同じ条件をプログラムして作られた、
「ループ」と呼ばれる仮想の地球であり、登場する人物はコンピュータ上に
生きる人間のプログラムとして登場する。マトリックスみたいな感じ。

多様性のないがん細胞「貞子」は、映像(ビデオ)を見るもの全てに感染し、
人類全てが「貞子」になるという。。。

多様性のない生き物は、環境変化や、新たなウィルスの感染などで
一気に絶滅するので、生き残れない。
これが、前述の生物学的な多様性につながる。

一方で、今日読み終わった
『優駿』宮本輝 (書評は別途書きますが、傑作ですね)
yushun.jpg
言わずと知れた競馬の物語であるが、サラブレットは血統が何よりも優先される。
その結果、血の濃い、近親の出産が繰り返される。
神のような名馬が誕生する一方で、サラブレットの生物としての生命力は弱まっていく。

昔の偉人でも近親相姦の中で、天才奇才が生まれる一方で、
いろんな問題を抱えていた。

マクロとしてみれば、多様性が重要な中で、
ミクロの中での、極端な個性の重要性。

いろんな人と連携して、ネットワークでお仕事をさせて
頂く多様的な関係の重要性を十分に認識しつつも、
まず、自分がどのような個性や力を発揮出来るのか、
もっと明確にしないと、イケないと改めて思う。


まあ、なんだか、ダラダラと書きたかった。

そんな感じ。
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村:中小企業診断士


| 独立診断士への道 | 23時13分 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

実践診断士の会からのオープンセミナーのお知らせ(再)

直前になりましたので、実践診断士の会より再度のご連絡です。

---
さて、いよいよあさってになりました、1月21日(木)に実践診断士の会の例会にて下記のとおり診断協会の新井会長に講演していただく予定です。
オープンセミナーとなっておりますので、入会していただく必要はなく、事前にメールにて申込いただくだけで参加いただけます。
ぜひご検討いただきますようお願い申し上げます。
                              

          記

1月21日 18時30分から
講演1時間
月島区民館 洋室 5号室
http://www.tafuka.co.jp/tokyo_chuo/tsukishima_tsukishima.html

●テーマ
中小企業診断士の活き方は多様であるべき
講師   中小企業診断協会  会長 新井 信裕
会費 1000円

●懇親会あり
21:00~
日本海庄や 月島店(佃權月島ビルヂング 03-5560-9591)
申し込み先   高鹿 kouroku@yahoo.co.jp

※診断士登録前の今年の合格者もご参加頂けます。

以上よろしくお願いいたします。

| 独立診断士への道 | 09時59分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

117

NHKのドラマに触発されて、地震追憶。

あの日、突然目が覚めた。そして、すぐ布団に潜り込んだ。
夢?終わり?死ぬ?

ひたすら丸まった。

恐る恐る布団からでる。
2段式の本棚上段が降ってきた。
ベットのとなりの電子レンジはかろうじて、落ちる手前でとどまっていた。
当時たくさん部屋に置いていた酒瓶がふってきた。
10本くらいあったのに、不思議なことに、割れたのは色のついたお酒だけだった。
カシスとウィスキーと、あとなんだったかなあ。

不幸なことに酒棚の下の段はCDコーナーだった。

今でも、私の一番好きなCDのうちの一つの
Symphony or Damn ~ テレンス・トレント・ダービーのCDが一番ひどかった。
カシスでドボドボに。今でもたまにCDをあけると、
なんとなく、ネちゃっとしている気がする。
TTD.jpg


部屋の惨状に呆然としていると、バイクのことを思い出した。
外の様子も見たかったので、外に出てみる。

驚くほど静かだった。

その中でひっそりと、赤いバイクが横転して、ウィンカーが割れていた。
マンションを見ると、ヒビが入ったり、壁のタイルが少し剥がれているだけで無事そうだ。

ともかく、堺の実家に電話してみる。寝ぼけたオヤジがでてくる。まだ6時前だもの。
「地震?ああ揺れたかなあ」 がくっとしつつもホッとする。
揺れたのは、このあたりが中心だったのかなあと。
(蛍池です。横転してた伊丹駅から車で15分くらいのところ)

改めて部屋にもどる。お酒の異臭、散らばった本、降ってきたコンポなどをみながら、
どうしようもないので、割れて酒瓶から片付けを始める。
本棚などを起こす。。
 
 よ、余震・・

やっちゃダメなのだろうけど、立て直した本棚を押さえてドキドキ収まるのをまつ。。
 気持ち悪い。本震のイメージがよみがえる。。

なんとか、2時間かけて、危険物は整理し、あまりの疲れを覚え、
布団にもどって、改めて、丸まる。

と、その時電話がなる。 大学からだ。
「研究室が大変なことになっているから手伝いに来て!」と先輩からの電話。
 先輩は大学に泊まっていて、真っ暗な中、男ふたりで手をつないで、校舎外へ逃げたとのこと。

ウチノ部屋の掃除も終わってないのに、、、 仕方なく自転車で大学へ。
私は生物工学科。研究室等にいくと、そこそこで またも異臭が。。
危険な薬品ないだろうな。。 あるんです。大学だから。
薬品じゃないけど、放射能マークのついたドアを遠巻きに見つめながら、
自分の研究室へ。うちはコンピュータ系の生物なので、なんとかパソコン・サーバー類が
ひっくり返っているだけですんだ。
私の卒論データはちゃんとバックアップとってたし。
(なまもの系の人たちはデータとか、育ててた菌が死んだりで、卒業旅行がボツになっていた人もいたですね)

ひどかったのは、むしろ実験室とかお茶室。普段からちらかっているので。。
お茶室を掃除しながら、テレビをみなでみだす。

後はみなさんの知っている通り。。

電話はつながらないわ、駅はたおれてるは、街は燃えてるわ。

幸い、知人には埋れたひとはいたけど、亡くなった人はいなかった。
 幸いか。。。

ま、結果として震源地でもなんでもなかったので、
灘や長田の人に比べて、震災を語る資格もあまりなさそうですが、
改めて、鎮魂の思いで、眠りにつきたいと思います。

夢見ませんように。

| 普通の日記 | 01時42分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ふぞろいな合格答案プロジェクト2010

今年のプロジェクトのキックオフが昨日行われました。
関西メンバーを含め約30名での始動です。

ついに前作の80分間の真実からカウントすると4回目の参加になりました。

しかし、「ふぞろいな合格答案」は、昨年受験した人が創る!というのが
コンセプトの一つですので、昨年までの実施内容をお伝えして、
その後は、新メンバーにて制作に入っていきます。

その中で、個人的興味の源泉である再現答案分析には
引き続き参加させて頂いて、今年の事例について、
いろんな新しい発見ができればなあと思っています。

キックオフではいろんな新しいアイデアが出たり、
 それは、去年検討したけど漏れちゃったというのが再度あがったり
  変化を続けるふぞろいに 相応しい打ち合わせとなりました。


なんにしろ、少しでも
 受験生目線の
  受験生の方々の役に立つ
   受験生に喜ばれる
 本を目指して、今年もやっていきたいと思います。


にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村中小企業診断士

| 診断士受験ネタ | 10時32分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

502キックオフお疲れ様でした

昨日は、502のキックオフでした。
やっとこの時間になって二日酔いから解放されてきました。

例によって、ふぞろいな合格答案募集のビラ配布のために受付を手伝わせて頂いております。
(たまに、502スタッフと間違えられて、キックオフについて質問されることがありますが)

毎年、キックオフに参加されることで、新しい人とたくさん知り合えて
さらに、最後には感動的なフラッシュムービーで感動的なEndingも迎えることができ、
 非常にお得で素晴らしい集いでした。

ブログがリアルになる瞬間
これが、この融合が、とても興奮するのです。
予想通りの方、予想外の方、様々で、ほんと おもろいです。


スタッフの皆様!
万全の段取り/事前準備ありがとうございました。

自分も改めて頑張らねば!と思いました。(毎年のことですが)

--
502のキックオフ前の麻雀大会は私は2位でした! 
しかし最終半チャンが最下位だったので、不完全燃焼な感じです。
大して高い手も上がれなかったのが残念です。
一番興奮した瞬間は、配牌で「あ、あがってる?」
ドキドキしながら理牌したら、ダブリーピンフ1ちょな時でした。


にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村:中小企業診断士

| 独立診断士への道 | 18時05分 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。