2009年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エンドゲーム

2009年55冊目

エンド・ゲーム―常野物語 恩田 陸 2.5点

 単体で読めば、ここまで評価は低くなかったかもしれない。
 三部作の三部目・・ やはり難しい。


光の帝国―常野物語
蒲公英草紙―常野物語
エンド・ゲーム―常野物語


 この本は、著者の後書きにすべてあらわれていると思う。
  作者も3作目の難しさを自戒している


 おとぎばなしの世界から現代につながる、恐ろしいのだけど温かみのある
 ファンタジー。
 大昔からの不思議な力を継承する常野一族。
 迫害や、世界の救済やら、色んなシーンで、様々な一族が、
 自分の持つ力に苦しみ、悩み、それでもさだめとうけとって
  力強く生きている。

1作目の「光の帝国」は素晴らしかった。
張り裂けるようなつらさと、すっと涙が出る温かみを連なる短編の中で、
見事に表現していた。

2作目の「蒲公英草紙」も、ほんわかと、どきっとさせてくれる、なかなかの作品だった。

そして、3作目「エンド・ゲーム」
 まさに、残念な感じです。
  前作の謎の解き明かしというか、一つのテーマについてはなんとか無理やり決着をつけた感じ。かなりハチャメチャでよくエンディングをまとめたなあ。
 ほんと、デッド・エンドです。世界が壊れてしまった。

ただ、期待していいのか、しないほうがいいのか、4作目以降もでるとのこと。
 何といっても、短編集の強みで、色んな魅力的なキャラクターが残っている。
  彼らにも何らかの決着をつけさせるのだろうか。
   読みたいような読みたくないような・・




--Amazonより
不思議な力を持つ一族を描くシリーズ、第3弾!
「裏返す」さもなくば「裏返される」。特殊な力を持つ「常野一族」として「あれ」と呼ばれる存在と戦ってきた拝島時子。母が倒れ、初めて一族に連絡を取った時子が知る驚愕の事実とは。スリリングなSF長編。

スポンサーサイト

| 恩田陸 | 19時35分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

50冊目はノルウェイの森

50冊目を何にしようかと、しばらく悩んでましたが、
映画化記念で、

村上春樹 ノルウェイの森

通して読むのは5回目くらいですが、
 本作中のわたなべくんの、フィッツジェラルドのグレートギャツビーのように、
  気が向いた時に、気が向いたページを開いて
   読んだ回数は数知れず・・

 どのページを開いても、輝く珠玉のページがでてきます。

 おかげで昨日は、ついつい4時まで読んでしまいました。
  とめられない。
   もちろん、ノルウェイの森を聴きながら。

 そして、いつ読んでも、深い井戸の底に落ちることができる・・・
  そして、僕は今どこにいるのだろうか・・・


『ノルウェイの森』映画化 配役は松山ケンイチ&菊地凛子
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090514-00000002-vari-ent

監督は フランス人 トラン・アン・ユン

主人公ワタナベを松山ケンイチ
ヒロインの直子を菊地凛子
緑を演じる水原希子

ノルウェイの森随一の名言といわれる、
「自分に同情するのは下劣な人間がやることだ」
 の永沢さんに玉山鉄二


松山ケンイチはかなりはまりそうだ。

 直子のリンコちゃんは、私の中のイメージではないけど、
  なんとかやってくれそう
 すきとおる、直子を、どんより濁った方が得意そうな菊地凛子が
  どうなっていくのか?

 水原希子は、誰か知らないけど顔を見る限り、
 緑さんのイメージにあいそう

フランス人監督でも日本語映画だよね?


いつ完成するのだろう 来年3月末か・・
 ひとりで こそっとみて、 あとで誰かと語り合いところです。


上下巻なので、51冊達成ですね。
例年より早いペース。
 でもこれは、過去に読んだ本を読み返した冊数も入れているので、
  ハイペースなのでした。

| 特に感動した本 | 16時20分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まひるの月を追いかけて

2009年39冊目
まひるの月を追いかけて 恩田 陸 3.0点

奈良の飛鳥の古墳や、お寺群が色々登場して、魅力的な旅路となっている。
久しぶりに行ってみたくなる。
登場人物はなぞに包まれ、奈良という土地と合わさって、ミステリー感は
満載なのだが、やっぱり根拠不足で、ちょっと、最後は残念な感じでしたね。


---Amazonより
異母兄が奈良で消息を絶った。たったの二度しか会ったことがない兄の彼女に誘われて、私は研吾を捜す旅に出る。早春の橿原神宮、藤原京跡、今井、明日香…。旅が進むにつれ、次々と明らかになる事実。それは真実なのか嘘なのか。旅と物語の行き着く先は―。恩田ワールド全開のミステリーロードノベル。

| 恩田陸 | 19時36分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラッシュライフ

2009年44冊目

ラッシュライフ 伊坂 幸太郎 4.0点

すっかり、伊坂幸太郎の読み返し月間になっている気もしますが、
ラッシュライフも3回目くらいのチャレンジ。

ややこしい話だけに、やはり何回か読むことで、明らかに
自身の感受性が高まっている。

見えなさそうで見えるつながり。
みんなどこかでつながっている。
世界はきっとそうに違いない。

ほとんどの登場人物の未来は暗い。
でも、みんなが、何らかの"光"を見つける

自分にとって、今一番大事なもの、喪いたくないモノはなんだろう。
 



2~3年前のはじめて読んだ時の感想文
いくつかの物語が時間も場所も交錯させながら、最後につながるってのは、よくあるけど、これはすごい。10人くらいの登場人物のストーリーをすべて絡めながら、さわやかに完結する。
まあ、ちょっと技巧に、こりすぎだが。。

色んなキャラクターはみんな、濃厚であり、悩みも深く、出口もないようだが、
実はみんなあまり悩んでないのではという、あっけなさもある。

泥棒/自殺/名探偵/神?/サッカー選手/新人画家/拳銃/老犬・・・

主人公は老犬かも。




泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。父に自殺された青年は神に憧れる。女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。幕間には歩くバラバラ死体登場―。並走する四つの物語、交錯する十以上の人生、その果てに待つ意外な未来。不思議な人物、機知に富む会話、先の読めない展開。巧緻な騙し絵のごとき現代の寓話の幕が、今あがる

| 伊坂幸太郎 | 16時21分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。