2009年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

21世紀の国富論

2009年18冊目

21世紀の国富論 原 丈人 (著) 4点

ベンチャーキャピタリストとして、現在の株価偏重、その原因は、米の、指標尊重、特にROEの意味のなさを説く。

ベンチャーキャピタルにしても、ITにしても、米の後追いを続ける限り、
本当の"国富"は訪れない。

ベンチャーキャピタリストのイメージをくつがえす、
こてこての技術系のにおいがしました。

ビジョンの大きさに圧倒され、
素直に感銘する一方、
実際の提言の技術系の話などには、疑問も感じました。

PUC(Pervasive Ubiquitous Communications)
 使っていることを感じさせずに、どこにでも存在し、コミュニケーションできる。

ユビキタスは以前から言われていることだけど、
確かに、ミニPCが出ようが、ちっちゃく薄い携帯が出ようと、やはり使いやすさには
まだまだ改良の余地がある。

PUCの到来によって、以下の2つになるとの主張。
・パソコンの終焉
・収益性の高いソフト、収益性の低いハードの図式がおわる。

 これも最もだとはおもう。組み込みハードも伸びているし。

でも、私は、
ソフトのいいところは、簡単に機能変更できるところ。
ソフトが成熟して、大幅な変更がなくなってきたところで、
定型的にハードウェアになっていくとの認識だった。
 (ソフト系に従事しているせいだろうか・・)

どの程度、ハードとソフトが一体化してきているのか、
もっと知りたくなった1冊でした。
 国富論なのに、ついついそこに目がいってしまう、自分の小ささ(><

どちらにしても、ものづくりは長い目でみないとブレークスルーが起きないので、
今の短期的思考の会計ルールや、税金の在り方などには、
非常に考えさせられます。
 




スポンサーサイト

| ビジネス書日記 | 08時04分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

H21は診断士の受験者数が増える?

●最悪の雇用危機が迫るなか、真に必要なのは金融投資ではなく自己への投資
http://diamond.jp/series/noguchi_economy/10010/

MBAの応募者数が、景気指標になる(?)かもしれません。
今年は、すでにMBAの応募者数が増えているそうです。
アメリカでは、ビジネススクールの応募者が64%増加!

なぜ増えるのか?
それは、機会費用の考えらしいです。
景気がいい時に会社を辞めて(休んで)学校に通うのは、
景気が悪い時に通うより、コストが大きくなる
 →不況時の方が仕事を削るコストが安い

一方で、不況や、経済環境が変わるときには、
将来に不安を覚え、自己投資に皆が走るんでしょうね。

ということは、H21は診断士も受験者数が増えますかね(^^;




| 診断士受験ネタ | 21時54分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

これ短~合格のエキス


中小企業診断士1次試験対策 eラーニング講座
これ短2000
今申し込むと、「合格者のエキス」がプレゼント!
http://www.doyukan2000.com/goukaku-ekis.html


13名の合格者の合格の秘訣がつまってます。
 むむ、みんな結構いいことかいてる。。

わたしもちょこっと書かしてもらってます。





| 診断士受験ネタ | 22時01分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウォッチメーカー:読感

2009年 17冊目

ウォッチメイカー   ジェフリー ディーヴァー著 4.2点

ボーンコレクターからつらなる、安楽椅子探偵?リンカーライム。

どんでん返しの連続に、ひたすらヤラレタ感が積もっていく。

天津飯を倒したと思ったら、すぐピッコロで感動のエンディングかと思いきや、
ベジータ登場で、すぐフリーザ様まで、登場といった感じです・・・


名前のウォッチメーカーのとおり、緻密に積み上げられたストーリー
 前半の、なんだか小物な犯人なのかな?という疑惑ははるかかなたです。

鑑識命のライムが、「キネシクス分析」のパートナーも得て、
最強になりつつありますね。

といいつつも、最後はすっきり感がいまいちだった面もいなめませんね。
リンカーンライムシリーズは当然続くんだろうけど、
どこかで、ウォッチメーカーの再現もありそうですね。

ボーンコレクター以来ですが、
これは映画になるでしょう!



| 読書日記 | 13時30分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

つきのふね:読感

2009年16冊目

つきのふね (角川文庫) 森 絵都 (著) 4点

ノストラダムスの予言があるので、もう先がないと思う中学生。。
ほんとは、予言なんて信じていない。
自分の行く先が見えないから、地球なんて終わってしまえと逆に感じてしまうのかな。

精神を病んだ友人の、宇宙船製造の夢。
そして、みんなを元の明るい状態に戻すための、月の舟の一芝居。

囚われた世界から抜け出すのに、登場人物のみんなの必死さともろさが
あいまじって、儚い小説だわ。
ゆったりとしたペースから後半のペースアップも見事でした。

痛々しい傷つきやすい時期。
多かれ少なかれ、同じようなことを考えてしまう時期は、
いろんな人にもあったんだろうな。

「つきのふねだよ」で救われた気がします。


ただ、
「バレッタ」が、一瞬なんのことかわからず、
一番いいシーンでの情景がすぐには、浮かばなかったことが悔やまれる。

髪留めのことだった。

| 読書日記 | 12時25分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビジネスマンのための「解決力」養成講座:読感

2009年15冊目 
ビジネスマンのための「解決力」養成講座 4点 小宮 一慶 (著)


『発見力』『数字力』を飛ばして、『解決力』いきなり、解決力から!
やはり、いきなり答えを探してしまう、たちなんだろうな。(私が)

占い師とコンサルタントとの違いは?
人は意味でなく、意識の共有で動く
ネイティブループ
 など、興味深い点はありましたが・・

なんだろう、すごく、当たり前のことをずっと書いているふうに感じたがのだが、
やけに、頭にすっと入ってくる。なんなのだろう、この伝わりやすさは。。

わかっててもやれていないことを、改めてやっていかねばと感じましたね。
めざせ、ネイティブループからの脱出!




| ビジネス書日記 | 21時49分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トヨタの赤字はわざと!?

http://news.livedoor.com/article/detail/4017830/
トヨタ「来期V字回復」のシナリオ 
59年ぶり赤字決算の裏側にある狙い

 なるほどなあと感心してしまった。


以下記事の要約

・トヨタの赤字はわざとである
・来季登場する創業家のプリンスが
  劇的なV字回復を果たしたようにみせるため
・グローバル化の進むトヨタには円高の影響は少ない
・この際余計な膿は出し切っておこう


もちろん、本当かはわかりませんけどね。



『ふぞろいな合格答案』 アンケートも引き続き募集中です。
http://my.formman.com/form/pc/Hi3ewZJzo6vOMGwb/

| 普通の日記 | 19時56分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

HappyBirthday

17才と6940日になりました。
http://homepage3.nifty.com/yuyu/17-beginner.html


というわけで、年男です。
晴れてアラフォーです。

色々と、なしとげていく1年にしたいです。

今日の夜も会社は早く帰って、
別途打ち合わせです。

ハア~ (><

| 普通の日記 | 07時58分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スカイ・イクリプス:読感

2009年14冊目

スカイ・イクリプス 森 博嗣 4.5点


最近はついハードカバーを買ってしまう。

イクリプス
空を蝕む。
開発環境のイクリプスではない。


まず、スカイイクリプスは、下記5冊を読まないと始まらない。

スカイ・クロラ
ナ・バ・テア
ダウン・ツ・ヘヴン
フラッタ・リンツ・ライフ
クレィドゥ・ザ・スカイ


曖昧な表記、主語のない発言・・
 なぞと誤解をたくさん産んだ5作品
  独特の世界観が大好きだったが、

理解しきれていないシーンもたくさんあり、
もどかしさが残った。

そして、スカイイクリプス
 すべてを解決!?

 だったのか? そうではなかったのか?

確かに事実を述べている気がする。
しかし、前5作との紐づけがまだ理解できていない。

5作、読み直して考えるしかないなあ。

しかし、理解できてなくても、
あまりの美しさ、退廃さ、あきらめ、そして未来への光
入り混じって、自分が泣いていることに気づかない涙を流していることに気付く。

空中での疾走感、
海の中と空の上は似ているのか?

作者は、あまり考えすぎないようにと言っているのだけど、
 もっと深く考え込みたい作品です。




| 読書日記 | 08時14分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夜は短し歩けよ乙女:読感

2009年13冊目

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)  4.1点
森見 登美彦

このわけのわからないテンポとストリーなのに、キュートなラブストーリー

独特の文体に、ハズレかと思いましたが、それを乗り越えると
すっかりはまってしまいますね。

タイトルと表紙のポップな感じから、最初は違和感がありましたが、
終わってみるとイメージどおりになりました。

外堀を埋め続けることに命をかける先輩。
奇遇な出会いを続ける必死さ。
 でもいつまでも思いを伝えられない

コミカルファンタジーなのですが、さわやかで、ほろ甘い感じがよい!
二人の今後も読んでみたかったですね。

--Amazonより
「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、下鴨神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めた。けれど先輩の想いに気づかない彼女は、頻発する“偶然の出逢い”にも「奇遇ですねえ!」と言うばかり。そんな2人を待ち受けるのは、個性溢れる曲者たちと珍事件の数々だった。山本周五郎賞を受賞し、本屋大賞2位にも選ばれた、キュートでポップな恋愛ファンタジーの傑作。





| 読書日記 | 00時30分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。