2008年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

与件に忠実というのは必要なのか?(2)

与件に忠実というのは必要なのか?

必要です(^^;


ということで前回の続きですが、
設問にまず、忠実に対応でき、
その上で与件に忠実に対応できればいいのでしょうか?

(2)与件コピーの弊害2 (与件コピー≠与件に忠実)
設問の題意をしっかり把握でき、
そこに該当する与件をコピーできれば、ぴったり6割くらいで合格できると思います。

しかしそのためにはミスは許されません。
全部で20~30問あるなか、ミス無しで過ごすことは不可能です。

私が毎年瀬戸際で落ちてたと思われるのは
ほとんどの問題で6割を取りながら、
残りわずかの問題で5割しか取れていなかったのかなと思っています。

つまり着実に与件コピーを使って、リスクも分散した結果、
高得点を取った設問がほとんどなく、数少ないミスを回復できなかったのではないかと・・
リスク分散を徹底したがために、代えってリスクを高めてたかなあと思います。

やはり、攻めるべきところ守るべきところの区別を自分でつけて、
守りは予件コピー、攻めは該当企業の戦略を突き詰めて解答しなきゃあいけませんね。
(後者だけだと、またリスクは高まるのですが・・)




スポンサーサイト

| 診断士受験ネタ | 09時17分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

67:ティファニーで朝食を

67:ティファニーで朝食を

ティファニーで朝食を (4.5点)
トルーマン・カポーティ (著), 村上春樹 (翻訳)


映画も見たことがないので全然ストーリーを知らなかった
かわいいヘップバーンの お話って感じでは全然ない!

むしろ、東京ラブストーリーの赤名リカを思い出した。
アフリカってだけかもしれないが。

ドタバタ喜劇のようなストーリーなのに、
なぜかすきとおるようなさわやかなエンディングで、
ついつい、読み終わるなり、
最初からもう一度読んでしまいました。


本の装丁もティファニーブルー?なのか
とてもこじゃれた感じで、本棚で見せびらかしたくなる一冊ですね。

ーーAmazonより
ニューヨークの社交界を、そして世界の読者を魅了したヒロイン、ホリー・ゴライトリーが、村上春樹の新訳で新しい世紀を歩みはじめる。




| 読書日記 | 12時03分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

与件に忠実というのは必要なのか?

与件に忠実というのは必要なのか?

必要です(^^;


与件は事例の企業に対して与えられた情報の全てであり、
与件以外の内容をいくら解答にかいてもそれは想像でしかありません。

と、ありきたりの話だけではアジケないので・・

(1)与件コピーの弊害
設問にて問われたことに与件コピーで解答できていれば、大きな問題ではないのですが、
与件ばかり気にして、設問はしっかり確認できているでしょうか?
採点をやらせて頂くことがあるのですが、
設問で問われていることを解答していない答案がかなりの割合で存在します。
 →つまり関係のない与件文を使ってしまっている。

特に多いと思うのが以下のような例です。
 課題なのに、問題を書いている
 原因なのに、問題を書いている
 留意点なのに、問題を書いている
  :

 問題はとても書きやすいです。
 なぜなら、たいていのことは、与件文に記載されているからです。
 まさにこれが与件コピーの弊害かと思われます。

 与件に忠実になる前に、

まずは設問に忠実になれ


  を意識すべきだと思います。 


続きは明日で・・





| 診断士受験ネタ | 12時44分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

危険!もし模試

直前模試まっさかりのようですね。
当然悪い評価より良い評価をもらう方がのぞましいのですが・・・

Aランクのあなた! 危険です。
模試と実際の合格との相関関係はないと言われて久しいです。

特に各校には模試や合宿で1位をとったら合格できないなどの
ジンクスがあったりします。

私は2年目M校の合宿1位でしたが、見事ジンクス?どおり落選でした。
だいたい模試は2-3回目の受験の時はだいたい上位5%前後をキープしていたのですが
それもだめでした。

過信しちゃあいけないと自分に言い聞かせるのですが、
やはり、ついつい安心してしまっていたのかなと思います。

合格年は、ホーム予備校では高順位でしたが、それ以外の予備校ではかんばしくありませんでした。
しかし、それは色んな実験の場ととらえ、高得点を取るために模試を受けているのではないと
あらかじめ認識して、臨んでいたためです

みなさまも模試ごときで一喜一憂することなく、
とくに、Aランクの方は危険な状態にいると思うくらいでちょうどよいのではないでしょうか?

模試は単なる本番演習の場であり、自分が評価されているのではなく
各予備校を評価してやる!くらいの気持ちでうけてみてはいかがでしょうか?




| 診断士受験ネタ | 14時18分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

66:ララピポ

ララピポ (幻冬舎文庫 お 13-2) (文庫)
奥田 英朗  2.5点

映画化もきまり、
主演村上知子
まあ、そのイメージはぴったり合う作品かもしれない。

いわゆるチェーンストーリーで
主人公が入れ替わっていく短編シリーズ。

ただ、テーマが底辺?の現実すぎて
なんだか、読んでてあまり気分がよいものではなかったです。

奥田さんのいつも笑える感じではなかったかなあということで
厳し目の2.5点

なぜララピポか?
英語力の低い私にはよーわからん・・



| 読書日記 | 13時51分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ペパチェ編:中小企業診断士2次試験受験生最後の日3つのドキュメント


中小企業診断士2次試験受験生最後の日3つのドキュメント~ペ
パチェ編 読書感想64


引き続き最後の日、3つのドキュメント


ペパチェメソッド 『XXXX』とか炸裂しているかと思いましたが、
36個の教訓という形で、さすがにいいこと書いてるなあと思います。

最初に感じることは、やはり多年度の熱血さんと、ストレートのペパチェさんでは
当然ながらやり方が大きく異なることですね。
題意を突き詰めていった前者と、リスクは避けつつも
勝負どころは攻める後者といったところでしょうか。

多年度の私のやり方も、ペパチェさんに近いですが、ストレートで合格するためには、
やはり、後者のやり方の方が有効かなと思います。(可能性の問題)。

とはいえ、最初の組織の解答を読んでる限りは合格したのが不思議なほど
ひどい解答ですねえ。これなら私のほうが全然いいやん!と憤りながら読みました。
(いわゆる、H18年度不合格生のひがみというやつです(笑)

とはいえ、残りはさすがに、ミスなく、もれなくという感じで、着実に
挽回されてますね。

全科目で上位20%ではなく、上位30%で、十分、総合で上位20%に入るというのは正しいですね。
ただ、全ての設問、科目で60点をめざしていると、1個の失敗が致命傷になるため、
やはり、攻めるところは攻めて、7割以上を狙わないと、というのが実感です。

絶望君対策は興味深かったですね。
どんなに訓練をつんでも、学習を深めても、毎年、何個かは、
想像もつかない、
「なんじゃこれ!」という問題がでます。
わたしは、ある意味チャンス問題だと思っています。
こういった問題は解答が大きくわれ、大半の人は点数が取れな
い可能性がありますので、
攻めて、失敗しても、ダメージは少ないのかなと。
だからこそ、絶望君対策は必要ですね。

後は、試験中に寝そうになったところに大物振りを感じましたね(^^;
 1年に1回だぞ~~!と叫びそうになりました。



| 診断士受験ネタ | 23時17分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

読感65:魔王

『魔王』伊坂幸太郎 3.5点

どう判断して、どう感じればよい話だったのだろうか・・

魔王って誰だったのだろう。
この主人公の二人が魔王?

それとも犬養首相? バーテンのマスター?

超能力を持つ二人の兄弟
兄は、近距離ならば自分の思ったことを
相手に話させることができる腹話術の能力を持つ

弟は、1/10の確立までならば
何も考えず当てる能力を持つ。。

犬養はものいう政治家。
この国を5年で変えられなかったら
おれの首をはねろ!と宣言する
強いリーダーシップにしっぽを振る国民は
ついついついていっていまう。


伊坂さんのインタビューで
絶対的な力を持たしたら
デスノートみたいなお話になってしまうので
力を弱めたら、弱い主人公に
なっちゃったと言っておられた。


「考えろ考えろ」
ついつい何も考えずに過ごしてしまう一般読者に、
もっと考えろというメッセージを発信したかったのか!?

宮沢賢治の引用がたくさんあり、
ついつい読んでみたくなりますね。



| 伊坂幸太郎 | 23時13分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

熱血編:中小企業診断士2次試験受験生最後の日3つのドキュメント

中小企業診断士2次試験受験生最後の日3つのドキュメント~熱血編 読書感想64

遅まきながら読んでみました。まだ、熱血さんのだけですが。

特に印象が残ったのは以下の3点です。

(1)ドキュメンタリー仕立て?
 なんといっても臨場感! 読んでいると私も試験当日を思い出しドキドキしました。
 さらに、私も初回受験の時には電車を間違えて、神田駅で降りてしまった経験があり、
 緊張は人を狂わすものだとあらためて感じました。

(2)自分マネジメント力
 netplusさんが強く主張する当日の自分マネジメント力を強化するにはよい本ですね。
 当日は、誰でも緊張します。私も4回受験しても毎回緊張していました。
 緊張を克服するには、ルーチンを徹底的に守ることだと思います。
 朝起きてどうしよう、会場についたら、試験が始まったら、休憩時間は・・・
 どうせ、予定通りにはいきません。だからこそ細かいところまで作業をきめておくことで
 本来の目的の解答作成にうちこめるのではないでしょうか?

(3)まとめのレジメ
final paperも、こんな風にまとめたんだと非常に参考になりました。
 ただし、paperは熱血さんのコピーしてもなんの意味もなく、
 これから残り1ヶ月で、ご自身のノウハウを整理・結集されることに
 大きな意味があるのだろうと改めて感じました。


もう少し踏み込んでほしいなあと思ったのは、
試験後のGAP分析でしょうか。
試験当日の克明な記録ではありますが、
当然ながら、あまり得点が取れなかった設問もあったと思いますので、
悪かった点、なぜ悪かったのか?などがあればもっとよかったかと。
まあ、これ1冊で過去問の分析をされている方はいらっしゃらないと思うので、
間違った方向には行かないと思いますが、合格生の解答は100点ではなく
60点前後であるとの認識を元に読めば、非常に役立つのではないでしょうか?



| 診断士受験ネタ | 12時43分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

読感63:『クレィドゥ・ザ・スカイ』森博嗣4点(保留)

『クレィドゥ・ザ・スカイ』 森 博嗣  4点(保留)



『スカイ・クロラ』
『ナ・バ・テア』
『ダウン・ツ・ヘヴン』
『フラッタ・リンツ・ライフ』

『クレィドゥ・ザ・スカイ』
全5冊、ようやく終わりました。

戦争でしか死ねないキルドレ。パイロットとして戦うしかない存在。
強くなればなるほど、死から遠ざかっていくしかない。

時代的には、『スカイ・クロラ』が一番新しいので、
そして、『クレィドゥ・ザ・スカイ』 が終わると、
また、『スカイ・クロラ』に戻っていくというエンドレスストーリー

死なないということは、死を恐れる必要がなく、
どんどん色んな感受性が落ちていき、
周りの人たちの名前までわからなくなっていく

4巻で墜落し、空を飛べない主人公(?)が、空に戻っていくための闘い。
闘っているのか、死んでいくのか、どんどんわからなくなり、
誰が誰かわからなくなる。


もう1回読みなおすしかねーな。


| 読書日記 | 17時12分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

読書感想61-62:重松清

その日の前に 重松 清 (著) 4.5点

2年前くらいか、1月か2月だったのに「王様のブランチ」の書籍のコメンテーターが
今年の1位の本は決まりました!と感慨を込めて、紹介していた本なので、
ずっと文庫がでるのを楽しみにしてました。
しっかり期待に答えてくれました。

「その日のまえに」「その日」「その日のあとに」のつながりのほかに、他の短編との登場人物をリンクして出演させてくれたのもステキでした。

電車の中で読んでいて、泣き出しそうで、家に帰ってから読み直しました。
愛する人たちの死を前にして、どう振舞えるのか?
感動するというより、ホントに、寂しく、悲しくなってしまいました。

--Amazonより
僕たちは「その日」に向かって生きてきた
男女が出会い、夫婦になり、家族をつくって、幸せな一生なのか。消えゆく命の前で、妻を静かに見送る父と子。感動の重松ワールド



みぞれ 重松 清 (著) 3点


10代の悩みから40代のリストラまで、社会、家族の悩みをつらねているが、
なんとなく、ワイドショー的な感じを受けて、一般論ぽい印象でした。
やはり、家族物については、一人身の私は感受性がひくくなるのかなあ。

--Amazonより
思春期の悩みを抱える十代。社会に出てはじめての挫折を味わう二十代。仕事や家族の悩みも複雑になってくる三十代。そして、生きる苦みを味わう四十代――。人生折々の機微を描いた短編小説集。






| 読書日記 | 19時30分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。