2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

予行練習



昨日は仕事おわりの11時くらいに、ちょっと遠回りして、
診断協会の前を通って帰りました。

あと1週間ちょっとか。
この壁に・・・

過去4年の悲喜こもごもが走馬灯のように流れました

やっぱ、見に行く勇気がわかんかも。

スポンサーサイト

| 診断士受験ネタ | 08時03分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トヨタの闇~祝90冊


ふう、ついに90冊まで来た。

・改善活動は業務外なので サービス残業だ! 結果 過労死が認められてない
・三菱ほどではないが、欠陥車は他社より多い。
 ただ莫大な広告宣伝費のおかげでマスコミの取り上げ方が圧倒的に少ない。
・とよた村のおかげで、社員洗脳が進んでおり、労働環境や福利厚生は"改善"の動きが少ない
・海外では かなり 労働者から搾取してる

 結論から言って、こんなところか。。

まあ、光があれば闇もある

読んでて、ちょっと感情的過ぎるかなと。
でも、もう少し労働者への還元の意識がないと、いずれ停滞期も来るんでしょうね。

| ビジネス書日記 | 07時46分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハリポタファイナル

ついに、ハリポタ最終巻の日本語訳の発売が決まり、予約が開始されました。

予約しようと思ったら・・・
   
  7月23日

   いつやねん! 

それまでいろんな情報が届くらしいけど、さすがに8ヶ月か。。。待ちきれん。。 翻訳者がんばってください。


ハリポタも正直 5-6巻で中だるみしてきている感もいなめないので、最後にやってくれることを期待しています。


ちなみに 4巻以降は購入日に、徹夜して読んでます。

| 特に感動した本 | 21時57分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

筋!

週末は、日産スタジアムへ! 
 といっても マリノス戦を見に行ったわけでなく、その地下にある区民プールへ。
 初めてスタジアムを見ましたが、立派なものですねえ。周りに民家もないし、騒ぎ放題ですな。

 上で、Jリーグの試合やってたら、プールに地響きとかするのかなあとおもいましたが、いらぬ心配
 プールもすいてて、久しぶりに運動できた感じです。 (プールなんて3年ぶりだ・・)

で、予想通り、 上腕二頭筋 筋肉痛です。
 もちろん、プールに行ったのは、おとといです。。(涙

脳の筋肉だけでなく、定期的に筋肉も鍛えないとだめですね。

| 普通の日記 | 12時11分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

恩田陸『蛇行する川のほとり』(4/5点満点)(2007年89冊目)

過去に姉を亡くした少年、母を亡くした少女・・

6名の高校生が過去を探り、過去を護ろうとする。

3部構成で 各物語の 主語が異なっていく。 おいおい、だれが主人公だっけ?今誰がしゃべってたんだっけ? と ところどころ混乱してしまう。

いくつかの事件を乗り越えることで、少女から大人に代わる描写や、
いつまでも 子供がぬけきらない、男の子たち。。  みずみずしさ を感じました。

おしむらくは、謎解きの 謎のスケールがちっちゃいよ。 まあ いつもだな。。

| 恩田陸 | 16時45分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

衣替えによる発見

寒いですなあ。

やっと今週から、コートとか だして、出勤ですが・・・

なんか ごそごそするなと おもったら、 ポケットに iPod NANO が入ってました。 半年振りの涙の再会です。

しかし 半年振りなので、充電コードが見つからない。。。

忘れ物、なくし物 癖は 永遠になおらないな。。

| 普通の日記 | 17時56分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ぬけがら継続中

あいかわらず 仕事の帰りは遅く、何事も進捗遅れ気味ですな。


 読書の秋なはずなのに、いまいち のりきらず。
 100冊まで 後10数冊なのに停滞。 後6週だから 週2冊だな。
  ついついマンガ本は30冊くらい読んだ気がしますが。。 (^^;

 本屋で 社労士本や 簿記本を  眺めながら、どうするかなあ と 悩むだけ・・

 勉強会のHPつくりも、だらだらと なかなか進められてないし

そろそろ 有効な週末の過ごし方を やらないとねと 悶々気味です。

| 普通の日記 | 08時31分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

貴志祐介『硝子のハンマー』(3.5点/5点満点)2007年88冊目

惜しい感じの作品

探偵側と 犯人側を別章で記載し、最後に合体という書式で。(そういうのに私は弱いんですけど)

しかし、なんといっても最大の殺人のトリックが ありえん・・ これがまっとうであれば4点だったな。

それ以外は、探偵側は、防犯コンサルとで、非常に防犯マニアなところが綿密に記載されており、興味深い。

一方、犯人側のは悲惨な人生をあゆんでおり、急に悲劇的な物語になっていたが、
なにか、筆のタッチも変わったよう印象をうけた。
2冊読んだようなお徳な感じです。

| 読書日記 | 08時16分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レイモンドチャンドラー『ロング・グッドバイ』村上春樹訳(4点/5点満点)2007年87冊目

あとがきも 含めると 600ページの 上製本
さらに原作は 1950年代
 なので、珍しく読むのに1週間以上かかってしまいました。

どこでも読み飛ばせない 雰囲気がむんむん

ちょっと難しくもある。
なんで、こんなに種類の違う部署の警官がたくさん出てくるんだろう?とか 地理とか・・

でもそれを差し引いても魅力的な1冊だった

たくさんの名セリフがあり、かみ締めて、再読したいのだけど、
どこに書いてあったのかが探すのが大変

「さよならを言うのはわずかのあいだ死ぬことだ」 清水俊二訳
「さよならを言うのは、 少しだけ死ぬことだ。」  村上春樹訳

 どちらが正しいのだろう? 後者の方が 正しいのかもしれない・・
 


しかし、他の訳本との相違は、もちろんわからないが、
春樹さんが 訳すと 春樹ワールドの主人公のような気がしてしまうのが不思議だ。

登場人物の心理描写を削除し、行動を詳細に記載することで、心理を表す

という手法があるらしい。 それが不思議にCOOLに感じられるのかな

マーロウは とっても鋭く、とてつもなく鈍感な 皮肉屋 
 こういった主人公ができあがる秘密がちょっと分かった気がします

長めの春樹さんのあとがきは必見!



--Amazonより
テリー・レノックスとの最初の出会いは、〈ダンサーズ〉のテラスの外だった。ロールズロイス・シルバー・レイスの車中で、彼は酔いつぶれていた……。

私立探偵フィリップ・マーロウは、億万長者の娘シルヴィアの夫テリー・レノックスと知り合う。あり余る富に囲まれていながら、男はどこか暗い蔭を宿していた。何度か会って杯を重ねるうち、互いに友情を覚えはじめた二人。しかし、やがてレノックスは妻殺しの容疑をかけられ自殺を遂げてしまう。が、その裏には哀しくも奥深い真相が隠されていた……大都会の孤独と死、愛と友情を謳いあげた永遠の名作が、村上春樹の翻訳により鮮やかに甦る。

| 読書日記 | 07時51分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

暴君


いいのか、こんなの缶ジュースにして・・・



 飲んでみた


暴君ハバネロのおかしの味そっくり。 スープっぽい、。

で、ちょい辛くらいだった。 がっくり!?
でも まあ そこそこ おいしいかも

| 普通の日記 | 08時06分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。