| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

てすと


むさしやの 夏の箱根NEWプランへ
スポンサーサイト

| 未分類 | 14時26分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

村上知也のプロフィール

 大手システムインテグレータに13年間勤務し、ITコンサルタントとして活躍。現在は、独立中小企業診断士として、各種研修・セミナーの実施や、企業への経営支援活動を中心に活動を行っている。特に、Webマーケティング分野を得意とする。また、中小企業診断士の資格受験予備校での指導も並行して行っている。

 1973年 大阪生まれ
 1997年 大阪大学大学院基礎工学研究科 卒業(生物工学専攻)
 1997年 日本電信電話株式会社 入社
 1997年 NTTコムウェア株式会社 転籍
 2005年 株式会社NTTデータ 転籍
 2008年 中小企業診断士登録
 2010年 中小企業診断士として独立




【公的機関専門家派遣事業等】
   東京商工会議所 専門家派遣事業
   東京都 企業変革アシスト支援担当ディレクター
   経営力向上TOKYOプロジェクト 支援診断士
   横浜企業経営支援財団 横浜型地域貢献企業 評価員
   横浜市中小企業支援センター 経営相談員
   東京都中小企業振興公社 商店街パワーアップ作戦専門家派遣事業 登録診断士




【主な講演・セミナー】

<公的機関>
企業にFacebookが必要な理由(iSB公共未来塾)/農村の6次産業起業人材育成~マーケティング講座(ふるさと起業塾)
FREEなIT活用術(東京商工会議所等)/お客様の心に響く無料ITサービス活用術(海老名商工会議所等)/無料ITサービスを活用したプロモーション術(東京硝子製品協働組合等)/セキュリティ研修(龍ケ崎市等)/情報力強化研修(某独立行政法人)

<オープンセミナー>
ゲームで学ぶ経営承継セミナー /iPhone+ITでのライフスタイル改善セミナー電子書籍の活用術 /中小企業の海外進出成功への道 /中小企業診断士の魅力と活用術 等

<企業研修>
営業研修・マーケティング研修・企画書作成研修
経営者検定セミナーSaaS時代の要求定義の進め方研修

<中小企業診断士講座>
1次:経営情報/企業経営理論
2次:ロジカルシンキング講座/ケーススタディ研究
   組織事例/流通事例/生産事例






<時系列>
●2011/12 「Facebook活用術」某アパレル業
●2011/12 「情報力向上研修」某アパレル業
●2011/11 「スマートフォンのビジネス活用」某アパレル業
●2011/11 「財務会計の流れがわかる」某アパレル業
●2011/11 「仕事力アップ講座:起業にFacebookが必要な理由」
          iSB公共未来塾
●2011/10 「短期合格の秘訣」資格予備校
●2011/10 「情報力強化研修」某独立行政法人
●2011/10 「財務をイメージする」某運送業者
●2011/10 「マーケティングの基礎」某運送業者
● 2011/9  「ITを用いた無料のプロモーション術」アパレル業
● 2011/8  「マーケティング基礎講座」アパレル業
● 2011/7  「マーケティング基礎講座」設備業
● 2011/8  「ITを用いた無料のプロモーション術」アパレル業
●2011/8 「中小企業診断士の資格の魅力と活かし方」資格予備校
●2011/8 「一点突破!諦めない人のための論点・問題予想」資格予備校
●診断士の魅力~企業内診断士VS独立診断士」
●某自治体 「セキュリティ研修」
●某自治体 「要求定義の進め方~SaaS時代の対応」
●「中小企業の海外進出成功への道~Facebookの活用」
●「電子書籍への取り組み方」
●「セミナーはじめました」
●海老名商工会議所セミナー
「お客様の心に響く無料IT活用術」
●ふぞろいな合格答案セミナー」
●東京商工会議所セミナー
「中小企業のFreeなIT活用術
~ほとんどただで、業務効率化・新規顧客開拓するには?」
●基金訓練研修
・2010/7 企画書作成研修 5日間コース
・2010/6 マーケティング研修 5日間コース
・2010/6 営業研修 5日間コース
●「iPhone+ITによるライフスタイル改善セミナー」
●「ゲームで学ぶ経営承継セミナー」
●「経営者検定セミナー」

| 未分類 | 10時43分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

勝利の栄光を君に

Victory.jpg

受験を終えられた方お疲れ様でした。

結果はどうあれ、まずは1次試験を受け終えたということは、

栄光への第一歩です。

 まずは、疲れを癒した後、次に向けての準備を始めてください!

直線的に進める方
蛇行しながら進む方
迷宮に迷い込みながら進む方

 いずれにしてもゴールは一つ。勝利の栄光をつかむまで邁進してください!

| 未分類 | 15時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一喜一憂しない


ikki2.jpg


大事なことは、ミスをしたとしても次のプレーを考えることなんです。

いつまでも「ああ、ミスしてしまった」とひきずっていると、その思いにとらわれてプレーの足が引っ張られる。

時間はどんどん流れていくのだから、次の展開、その次の展開と進んでいかなければいけない。


これは、よいプレーをしたときも同じで、自分のプレーに酔ってはいけないんです。

よいプレーも悪いプレーも、すでに過去のプレーになっているんだから。

冷静になって次のベストプレーをしていかないと駄目ですね。

                         (羽生善治)

| 未分類 | 16時02分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

至弱をもって至弱に当たる

(ふぞろいブログと同様の投稿です)

いよいよ明日は1次本試験ですね。
準備は万端ですか?

 ・・・ 万端な人なんていないと思います。

 みなが程度の差こそあれ不安をかかえて、強大な敵である診断士試験に向かうわけです。

そこで、最後にこの言葉を送りたいと思います。


至弱をもって至強にあたる

三国志の英雄、曹操の配下であった荀の名言ですね。

曹操は、自分より圧倒的に勢力の強い袁紹の討伐に向かいます。
いわゆる、「官渡の戦い」
しかし、途中で弱気になって、荀に、もう撤退してもいいか?
 と手紙を書きます。その手紙への荀からの返信が
 「至弱をもって至強にあたる」だったわけです。

-------------------------------------
「出陣する前から、我が軍は寡兵で、敵軍が多勢だったことはわかっていたはずです。
この戦いを各地の群雄は固唾を飲んでみています。
ここで撤退することは天下統一へのミチを自ら閉ざすことになります。

我が軍は劣勢で、袁紹軍は優勢です。しかしここを耐え抜けば必ず変化が訪れます。
それを見逃さず、勝利を収めるのは、今、この時にかかっているのです。

故に、『至弱をもって至強にあたって』ください。
そして天の時を見極め、地の利を活かして勝つのです。
それが出来るのはあなたしかいないのです」

                  Yahoo知恵袋より流用修正
-------------------------------------


診断士試験が強敵なのは、やる前からわかっていたことです。
今更、戦う気を失う必要はありません。

かといって、やればなんとかなるさ!では、討死間違いなしです。

7科目の510分間。
一瞬たりとも気を抜かず、設問の一語一語に細心の注意を払って
最後の最後までやりきる。

これこそが、至弱である我々が至強を倒す唯一のミチではないでしょうか?

自分の弱さを認識した上で、
強大な敵を倒して来てください。


これは、官渡の戦いと同じく、勝利をおさめても、天下統一には程遠いです。

まだまだ、群雄割拠、さらなる強敵が待ち構えていますが、
これを倒さない限り、天下統一、すなわち診断士試験の合格は無いわけです。

皆様の勝利の吉報をお待ちしております。

Please! 1Click/day
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

| 未分類 | 07時31分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。